めだかを、外に置いてあるタライで飼っていたところ、いつのまにか写真のような貝?が住みついていました。めだかを飼育して一か月ほどになりますが、飼い始めた当初は、タライにはめだかと水草と土しか入れていませ

画像
補足

貝の大きさは、7ミリ程度です。

アクアリウム596閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(3件)

0

水草に卵が付いていたか、貝そのものが 付いていたのでしょうね。 よくあることです。 今後は、水草を買ってきたら「水草その前に」等を 使って、余計なものを駆除してから使うと良いと思います。 ただし、屋外飼育だと、気付いたらヤゴがいたり ゲンゴロウが泳いでいたりします。 結局、勝手に何かいたりします。 それも屋外飼育の楽しみの一つだと思いますけど。 放置して大丈夫か・・・ 大丈夫です。 すごく増えて、見た目的には悪かったりするので 駆除しても良いとは思います。 でも、既に数匹いる場合は、駆除しようとするなら 全部をリセットするしかないので、自分なら放置します。 コケやメダカの食い残し、メダカの死骸・・・ も食べてくれますよ。

3

サカマキガイですね。 水草についてきたと思われます。 雌雄同体でゼリー状の卵嚢を至るところに生みつけ、あっという間に爆殖してしまいます。 害は増えてしまうと水質悪化に繋がりますので基本見つけたら駆除です 水草にゼリー状の卵嚢が無いか確認してみてください。 ちなみにスネールと言う貝はいません。 巻貝の事を【スネール】と言います。

画像

3人がナイス!しています

1

スネールという貝ですね。 小さな貝が水草についていたと思います。 メダカに害はありません。 増えるので、見た目で取り除く人が多いですが、放って置いても大丈夫です。

1人がナイス!しています