電気自動車ってガソリン自動車に比べて、乗っていて何か良い事あるのですか? 私は、環境とか温暖化とか、そういうマニアックなことは別に興味がないので、ガソリン自動車の音と振動の方が好きで乗っています。

自動車 | 地球温暖化210閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

2人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(12件)

0

当方アウトランダーPHEV リーフ初期型 86 軽 大型バイクを所有為ています。 ガソリン車否定派では無いです。 空冷インラインフォアに逆車のマフラー(合法です)に交換して、秋の紅葉の季節に家内を乗せてツーリングは最高です。 若い頃はエンジンヘッドをバラしたりチューニングしていました。ガレージで暇があれば車をチューンしている私をみて息子はとうとう整備士になってしまいました(笑) その私が普段使いにEVを選んだのは、私の使い方から圧倒的なコスパだからです。 使用条件を列挙。 ・自宅は3階戸建て南面大屋根に太陽光発電システムで売電しています。 ・夜間電力料金でエコキュートを使います。 ・私と家内のガソリン代は毎月5-6万円でした。 そこでEV2台を購入。アウトランダーPHEVは概ね60㎞まではほぼBEVとして走ります。PHVと異なり、基本はEVです。 70㎞/h以上でフロントタイヤにトップギアだけを持っていて自動クラッチで断続的にアシストしますが、バッテリーが無くなった時点でePOWER車になります。 V2Hを購入。当時半額補助がでました。 これにリーフを接続しています。夜間電力で充電して、日中太陽光の発電量が落ちる時間帯にリーフから給電して家庭の全電力(200V機器を含む)を供給してくれます。 太陽光パネルとV2Hのイニシャルコストは買電で6年程度で回収できました。 ガソリン代は1万以下になりました。 電気代は、EV購入前より下がりました。自家用バッテリーとしてのリーフは効果が大きい。 毎月5万円ほど自由になるお金が出来ました。 これでアウトランダーのローンを払えています。 使用感は素晴らしい、出足は大トルクでリッターバイクのようなトルクで走る車は楽です。 静かです。趣味車と異なり、静かに音楽を聴きながら運転するのは楽です。 メンテが安い。 タイヤは意外に減りません。重量配分が4輪に均等に掛かるからでしょう。 補機バッテリーが劣化しにくい。7年間は持ちます。さすがに6年目で自主交換。 自宅から冷暖房がスマホで操作できて快適です。 低い重心と回生制動ブレーキはスポーツカーに乗っているようです。 家内はセルフGSが苦手ですし、片田舎では周囲にGSが無くなってきました。 フルサービスGSは朝はAM7-PM7まで。これでは使えません。 24時間セルフまで往復20分。自宅で充電できるEVは楽です。朝には満充電。 最近のガソリン価格の高騰もあまり関係ないのは助かります。 全ての人に当てはまらないでしょうが、私的にはファーストカーとセカンドカーはEV以外の選択肢は無くなりました。 災害にも強いと思います。GSは災害時に停電するとストップしますが、EVは日中に自宅で充電できるし、それを夜間に使えます。 アウトランダーは満タンなら1週間は自宅の電力を供給してくれますから自家発を持っているようなものです。 冷蔵庫が使えるので非常食の買いだめは止めました。 因みに我が家は2軒分の電力を供給しています。日本中の屋根に搭載してBEV等をV2Hで連携すれば原発などに頼らなくても安定電源として使えると10年間の実績で思います。

3

電気自動車は、炭素の排出量がガソリン車より極めて減少し地球温暖化の抑制につながるのだと思います

3人がナイス!しています

0

自宅充電があれば、ガソリンスタンドに行くという義務から解放されますね。

0

加速がいいので、タイヤの擦過音だけで対象者の背後に迫り、一気に加速して運動エネルギーを対象者に伝搬することができます。原理的には。 クリーンディーゼルのAT/6速MTで加減速するのが好きですねえ。 トルクが太いから加速感がいいです。 ただ、速度が上がるのに時間がかかるんで、最高速は低いです。

2

一番はなんと言っても自分はエコにしているという社会的ステータスをアピールできることです。それに単価も高ければ、EVに乗っている人の大半がEVだけ持っているわけではないですよね。複数台の車を維持、格納していることで経済的ステータスもアピールできます。 経済効率や機能は二の次です。 経済効率はランニングコストの安さにツラれても、減価償却を考えると普通は引きますし、機能もEVと非EVでそれぞれ長短あってEVのいい点だけを強調してもばかばかしいし、弱点を貶してもしかたがない。

2人がナイス!しています