ID非公開

2021/9/9 23:54

55回答

何もやってすらいないのに、どうせ~~だからできない、とか、どうせ無駄だからとか、何はダメ、あれはできない、とか、言い訳ばかりしているのは、発達障害の先延ばし癖というやつですか?

1人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(4件)

1

障害の特性というよりは性格と。 自己肯定感が低い感じじゃないかな。 やってみてダメだったら。 あぁやっぱり…って凹んでますます消極的になる感じとか。

1人がナイス!しています

0

発達障害の「他人」は、成功経験が少なく自己肯定感が低いので、自分にもできる、と信じることが苦手なんです 先延ばし癖とはちょっと違いますね そういう他人は、なぜ失敗するのか自己理解させてやり、どうしたら失敗しないか自己受容させてやれば自己肯定感が高まるので、自分にもできる、と信じるようになります 今後も、みんなで温かく見守ってあげましょうね(^O^) みたいな差別や迫害も、司法、立法、行政は推奨していると感じます 彼らの場合、若年層や児童の自殺、児童虐待による殺人などが増えていて取り返しのつかないことになってるけど障害という訳ではなく、差別や迫害を繰り返していれば報酬があり罰則はない環境が整ってるからなんじゃないですか

2

やってみて、だめだったら、うまくいかないところを考えて工夫する、自分だけでできなかったら、他人に相談する、助けてもらう、ということができないのは、発達障碍者の特性ですか? これが難しすぎるのです。頭が悪すぎてそれが出来ないのです。だから、状況が変わりません。ずっと同じレベルでとどまってしまいます。なのでどうせ無駄なのです。何も変わっていないことだけは理解出来るので、今までと同じ結果になることが目に見えています。 バナナで転んだのに、バナナを避けたり退かしたりすることが出来ないということです。またバナナを踏み、転びます。 支障が出ていて、それを工夫で乗り越えていく能力すらないということです。こう工夫すればいいとか、ああすればいいかな?とかいう想像力すら欠如しているせいで、何をしていいのか分からないのです。 どうせ無駄というのは言い訳ではなくて、どうしていいのか分からないから助けてと翻訳してみてください。意味が分かると思います。 他者に相談したところで、何に困っているのかすら分からないので、相談相手に説明も出来ません。状況や経緯だけを延々と喋り、最後相手に言われます。で、何に困ってんの?と。ただ喋った経緯をかいつまんで理解することも出来ないので何に困ってんの?と言われた時点で返答できなくなります。 あー、困ってるんだけど何に困ってるって言われたら分からん。でも困ってるんだ。みたいな話になるんです。 この文章でさえ健常者からすればウザい文章だと思います。

2人がナイス!しています