ノルウェイの森のワタナベ君は、その後まっとうな人生を歩めたでしょうか。高度資本主義に乗って、若い日の感傷を忘れたでしょうか。それともいつまでも60年代から抜け出せない人生でしょうか?

文学、古典 | 小説131閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています