武甲山は昔はもっと高く丸い形の山だったのですか?石灰岩を取るために削られと北側はピラミッドみたいな形をしてますが所有者はセメント会社の物で平地になるまで削り取る予定なのですか?

地学 | 登山121閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(3件)

0

形状を見る限りかなり尖っていたのではないでしょうか? 上から秩父市街地を眼下に見渡せるっというのはそういう事だと思います。 最後の最後まで急坂の山は山頂は余り広くないです。しかも独立峰。 何でもそうだけど、石油や資源は40年後に無くなるって言われてます。

0

こんにちは。 昔の写真を見たことがありますが、筋骨隆々な山でした。 標高1304メートルですが、昔の山頂は1336メートルあったとのことです。石灰岩はセメントに必要なものなので今後も削られるでしょう。ただ武甲山の後ろ部分には石灰岩は少ないらしいので、そうは言っても専門家ではないので本当かどうかは不明ですが、これ以上削られることのないようにと祈ってます。