新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
新型コロナウイルスワクチン接種の情報についてはYahoo!くらしでご確認いただけます。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

回答受付が終了しました

傷病手当金について。

補足

会社によると、傷病手当て金はあくまで症状があって休んでいた期間となるので、あなたの場合は自宅療養期間が○日~○日(保健所からの証明書に書いてある期間)なので、それ以外の休みについては使えない、との事でした。有給をとりけして傷病手当て金にするのは無理、というのは理解します。が、いまいち会社の言っている事が信用できないのですが、会社から出勤NGでてるのに無給ってありなんでしょうか?

回答(3件)

0

>「給料の締め切りなどの都合で最初の10日位はとりあえず有給にしたのですが、傷病手当て金と有給は同時には使えないのでしょうか?」 有給期間は会社から給与の支払いがある為傷病手当金は対象外になります。但し、待期期間は有給期間でクリアしています。 >「使えないとしたら、有給取り消して傷病手当て金にする等は会社がやってくれるかどうか、という事になるのでしょうか?」 取消しをしなくても、傷病手当金の申請はできます。有給使用後、休職期間(欠勤)は申請をすれば傷病手当金が支給されます。また、会社によっては有給消化してから、傷病手当金の申請をする所も少なくないです。よって、申請前に会社の担当者とコミニケーションを取り申請してください。なお、健康保険側では有給消化後に傷病手当金の申請と言う決まりはありません。今後、通院などで有給を利用する目的が有れば、待期期間(3日間)に使用し休職されても良いと思います。 ニーズに合わして、有給を利用するのが理想ですね。

0

傷病手当金の請求手続きは、会社が自動的にしてくれるわけではないので、自身で会社に依頼する必要があります。 また、賃金が支払われた日については、傷病手当金の日額の方が多い場合に限り、その差額が支給されます。

「会社によると、傷病手当て金はあくまで症状があって休んでいた期間となる」というのは正しくありません。療養のため労務に就くことができない期間の第4日目からであって、それは会社ではなく健康保険の保険者が判定します。 それ以外の日で、念のため休むよう会社が指示した日については、会社があなたに休業手当を支払う義務があります。(労働基準法第26条) https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00007.html#Q4-3