なぜ相撲、横綱は年収が低いんですか?横綱でさえ1億ポッチですよね?

画像

大相撲 | プロレス551閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(6件)

0

ジャンルが違う。腹立つがひろゆきが言っていたが「編み物に精通していたら今壇上で講釈できていない。」とのこと、おコメの稼げる業界がキーです。 スポンサーが付きTV映えし、華やかな。

0

大相撲は他みたいに年数契約とかではないですから。単純比較はできません。現役引退後に親方として残ればその後定年まで約束されているのでそういった点も他とは違います。ファンの数であったり、そのスポーツが持つ経済規模であったり、その他上記の点などいろいろ考えれば横綱の待遇は悪くないですよ。

0

サッカーは競技人口が多く、選手生命が短く、セカンドキャリアがほとんどありませんからね…稼げてもキャリア後の生活困窮者や自殺者は他のスポーツアスリートに比べて高いです。 大相撲はプロスポーツとは異なり部屋制で収入が得られる十両以上が関取ですが、それ以下でも部屋住みで食事は出るので他のスポーツに比べて相撲づけの生活がまず保証されていること、後援会所謂タニマチの存在が大きく、給金は数万円でもタクシー代に毎月の数十万使ってるという関取以下の力士もいるほどです。 もちろんタニマチがただの金持ちではなく企業であったり企業経営者だったりするのでセカンドキャリアも充実していますし、競技人口も少ないので入れ替わりも大きくありません。 少子高齢化社会において視聴層の年齢が高いほど浮気をせずにお金を落としてくれるのでサッカーより野球、野球よりゴルフになるのは当然です。 以前女子プロゴルファーが選手生命も短く、収入も低いスポーツをなぜやるのか理解に苦しむなんて発言したをして批判されましたが…結局お金って持つべきところにしか流れないのでそういった知識や情報がない環境では仕方ないことです。 日本人サッカー選手が海外チームで活躍出来ない理由の一つが言葉の壁ですが…チームスポーツでもなく部屋住みで日本の生活を先輩や周囲が徹底的に教え込むことで外国人である力士たちは日本語すらマスターして母国に帰ります。当然セカンドキャリアとして日本との関わりが持ちやすいです。

1

相撲は時代遅れでフアンも限られています・ スポーツかもしれないがあの体型では健康にも 好くないでしょう。

1人がナイス!しています