楽天ひかりの対応ルーター(ipv6クロスパス)について質問です。 以下ように、HPにてipv6クロスパスに対応したルーターが推奨されています。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

早速ご回答をいただきありがとうございます。 IPv4 over IPv6(クロスパス)対応ルーターでさえあれば、記載の手動設定が必要ではあるものの、設定すればおそらく使用できるということですね。 単純に全て動作確認していないから公式に保証は出来ませんけど、程度に解釈すれば良いということでしょうか?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました!

お礼日時:9/16 22:25

その他の回答(2件)

0

IPoEとクロスパス等のIPv4overIPv6は別の話です。 IPoE対応というのは端末は直接NTTのIPv6ネットワークであるNGNに接続しなければならないため、ルータは素通りしなければなりません。 このための機能をIPv6パススルーもしくはIPv6ブリッジと言います。 IPv6IPoE対応ルータというのはこの機能を持ったルータという事です。 これは端末がIPv6通信でIPv6インターネットにアクセスする為の物です。 クロスパスなどIPv4overIPv6技術は端末がIPv4通信でIPv4インターネットにアクセスするための物です。 これはIPv4通信でのIPv4インターネットへのアクセスをルータとIPv6プロバイダ(VNE)との間だけIPv6IPoE接続を使う物です。 IPv4IPアドレスとIPv6IPアドレスではお互いのIPアドレスを理解できないため通信が出来ません。 従ってIPv6のルートでIPv4通信を行うことは出来ません。 そこでルータとVNEの間だけIPv4パケットをIPv6パケットとして化かす必要が有ります。 それがIPv4overIPv6技術です。 これには複数の方式がプロバイダにより採用している方式が違います。 その一つがクロスパスという方式です。 これには、それぞれの方式に対応したルータが必要になる。 従ってIPv6IPoE対応と言うだけではそもそもIPv4overIPv6技術が使えるかどうかは別です。 TP-Linkは基本的に日本のフレッツ光系の為だけのIPv4overIPv6には対応しない姿勢を示しています。 この為一部の機種のみに限定されています。

0

クロスパスの場合は、対応したルータでないとIPoEでは動作しません。