今年3/24に玉突き事故に遭いました。 10対0で相手の保険会社が補償してくれることになっており、すでに休業補償金は入金されております。

交通事故113閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(3件)

1

慰謝料は裁判所基準なら53万から60万程度と思慮します。あと休業損害。弁護士入れると赤字か、トントンと思慮します。自賠責慰謝料シュミレーターでググって、あと3万上げてくれたらサインしますと言うくらいしかないでしょう。

1人がナイス!しています

1

健康保険(保険証)を使って通院していれば 自賠責の限度内で収まっている可能性も有ります その場合は自賠責の基準で支払われます 自賠責の限度を超えている場合は その高頻度の通院の妥当性が問題になります 整形外科主治医の指示通りの通院なら (その主治医が正当性を証明してくるなら) >>弁護士特約には入っておらず<< でも完全成功報酬の弁護士に依頼すれば良いかと 主治医の指示以外の通院が含まれるなら (整骨院など) 自賠責の限度120万円から 治療費や休業補償などを引いたものが 慰謝料となるでしょう

1人がナイス!しています

1

妥当性を説くなら保険会社の提示する金額です。そのまま受け取れる金額ですからね。 もっと多く貰いたいというのは「貰えない」かも知れない金額です。ある意味弁護士を入れるのはギャンブル的な要素もありますね。

1人がナイス!しています