新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
新型コロナウイルスワクチン接種の情報についてはYahoo!くらしでご確認いただけます。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

回答受付が終了しました

二輪の免許を取ろうと教習所に行ったのですが、コロナで二輪は受付していないとのことでした。近所の教習所を調べても全て入所受付はしていないようです。

運転免許244閲覧

回答(16件)

0

多分、コロナで、二輪人気で、捌ききれなくなって、受付停止、という流れなのではないかと思います。 うちは、北海道ですが、あっちこっち、今年はもう受け付けられません宣言が、結構早い段階で出てました。北海道は、二輪は10末くらいまでしか教習ができないので、早くに見切りをつけたという面あるとは思いますが。

1

教習所は民間サービス業なので、 ご質問のような対応は各教習所で異なります。 ですが今はいろいろな要因で、 教習所が混雑しており、特に2輪教習が大変なのは、 ある程度全国にみられる現象と思います。 この要因は以下になると思います。 ①教習所が激減 教習所の数はこの10~20年で激減しました。 理由は、少子化や免許取得率の低下で、 要は客が減ったということです。 教習費用は教習生にとっては高いものですが、 サービスを提供する教習所自体はとてもとても儲からない商売です。 なので、教習所はこの10~20年でバタバタと 閉鎖倒産していますし、新規開業もほぼゼロの状態です。 私は東京都ですが25年前は自宅から通える教習所の選択肢は 9つありましたが、現在はたった2つで、 残りの7つは閉鎖倒産しています。 ②免許取得希望者の増加 このように教習所の数が激減したのですが、 コロナ影響で車やバイクでの移動が見直されたり、 給付金があったり、暇や時間を持て余す人が増えたことにより、 今は免許取得希望者が増えています。 2輪に関してもそれは同様です。 なので現在は激減した教習所に、増加した免許取得希望者が 押し寄せている状況です。 ③コロナ感染防止 バイクの教習は時に2人のりをしたり、 身体を密着させての指導をする教習所もあります。 またヘルメットやグローブなどもレンタルです。 なので感染防止のためにそもそもバイク講習を 中止している教習所もあります。 また現在東京は落ち着きつつありますが、 大阪、愛知、沖縄などはいまだ深刻な状況であり、 そのせいもあって2輪教習を中止する判断をする 教習所があってもおかしくはありません。 ④人手不足 上記のように今は教習所は混雑しています。 なので、必須性が高く、儲かる4輪の教習を優先的に実施する 教習所も多いです。2輪の教官の多くは4輪教官でもあるので、 2輪教官が4輪教習対応に狩りだされているケースも多いです。 以上のような理由で、 現在は教習所の多くは混雑していますし、 特に2輪教習の混雑度合いが酷かったり、 教習が出来ない理由と思われます。

1人がナイス!しています

0

大阪の毎日の感染者数が人口比率から考えれば今一番 ひどいからでしょ、近隣でも住所が大阪だと多分断られる 取得したい気持ちは分かるがコロナが収束するまでは 控えるべき。

0

神奈川県ですが二輪はやっていました。しかし普通車の教習が1年中混雑していて二輪の教官が足りず、技能が3〜4ヶ月待ちという有様です。