メガネチェーンのjinsって 5000円程度で作れて、専用ケースもしっかりした作り、アフターサポートも永年無料で受付してくれますが、どうして安価なのにここまでしてくれるんですか?

ベストアンサー

0

ありがとうございます。 客層を限定すればそれだけコストも浮くのですね。拘りのない人にとってはそういう存在はありがたいですね。永年保証がほんとに神ってます。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

お二方ともどうもありがとうございました。 格安になる要素が思ったよりも様々で驚きました。

お礼日時:9/19 12:58

その他の回答(1件)

0

生産拠点も有りますが… 商品企画、製造、流通販売まで自社一貫なのが決めてですね。 販売店までに通常有る問屋の類が無い訳ですから。 仮定にて。 原価¥3000で販売店までに問屋3つ通過、卸し価格は販売価格の75%。 製造元➡問屋1¥4000 問屋1➡問屋2¥5333 問屋2➡問屋3¥7111 問屋3➡販売店¥9481 そりゃ途中の問屋が抜けたらね(;^_^A 高価な外面/内面の両面非球面レンズを標準セット価格+¥5500程度で販売出来る訳ですね。 (メガネ歴45年) _(._.)_