テイルズオブアライズ(ネタバレあり!) ラスボスの後、シオンを救う為にダナの星霊に助けを求めてそれに応え、シオンと星を救いました。これに疑問を感じます。

ゲーム2,724閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ちなみに、リンウェルの話をそのまま受け止めると、アルフェンが出会ったダナの意思は全部、人格としては別人で。ダナの意思は、あくまで総称みたいなものだと思います。 楔で出会ったダナ→大地から星霊力に変換されたもの。ある意味では、ダナの意思という個体に最も近い存在。 レネギスで出会ったダナ→レネギスで残留したもの。ダナの意思の残留思念でもあり、楔の機能を止めてくれた感謝から300年前の巫女の記憶を見せたと思われる。 レナで見た光る剣→ダナの生命体から出てきたもの。支配階級から解放してくれたダナ人の心やら、採掘などの自然破壊を止めてくれた動植物の心やらから、具現化したもの。適切な言葉がほかに思いつかないので、感謝の心そのものだと思います。

その他の回答(3件)

0

アルフェンはあの段階で、星霊力を介してダナの人間から動植物に至るまであらゆる生命体と対話を行い、その結果ダナ全体がアルフェンへの星霊力の供給に対して包括的に同意したという流れではなかろうかと見ています

0

みんな同じ意志を持ってなくとも星霊力に働きかけられるのは確かっぽい。道化師みたいな奴のサブクエであった。ダナ中の声を集めるって奴だけどみんな言うことバラバラだったし。 ラストのはアルフェンとシオンでみんなに呼びかけてみんなで世界救うみたいな流れだった。 ダナ人の意志が束ねられてる時点で強制的な搾取とは違うんじゃない?そもそも描写的にたいした量の星霊力がじゃないっぽいし、最終的に世界があるべき状態になってんだから疑問を感じる意味がようわからん。まあぶっちゃけ描写不足なんだか知らないけど、星霊力が集まる時みんなポカンとしてるから実際に各々の意志が束ねられてんのかはわからんけど。 あとレナスアルマって星霊力操るっていうより星霊力を貯蔵したり星霊に送るだけの中継器とか補助器みたいなもんじゃなかった? 星霊力に呼びかけたり操ったりは王と巫女の力でしょ。

0

いやいやアルフェンとシオンが強制的に搾取って何でそう思うんですか。 そもそもあそこにあったダナの星霊力自体、元々レナの星霊に搾取されてきたものなんですけど。その場にあったものを利用しただけに過ぎないって前提を理解されていないようです。 レナの星霊力は固まりやすく、ダナの星霊力は拡散しやすい。 星霊はレナの星霊力が集まって自我を持ったもの。 そしてダナの星霊というのはダナの拡散する星霊力の都合上元々存在すらしていない。 単純に元々レナに集められたダナの星霊力を王と巫女の力で呼応させただけ。 あるサブクエクリアしてれば意思の統率が取れてなくてもダナの星霊力に働きかけることが出来るのは描写されてます。

なるほど。そうなんですね。 元々レナに集まってた力だったということですね。 ですが、王と巫女の力を使った時ダナ人の体から星霊力が出でいく描写も描かれていました。その点についてはどうお考えでしょうか。あれはあなたが言うように「意思の統率がとれなくても働きかけることができるから」ということでしょうか。 それならレナス=アルマがなくても最初からそれをすれば良かったのではと思ってしまいます。 理解が足りなければまた教えていただきたいです。