最近、知ったんですけど、秋田新幹線って、新幹線なのに、盛岡から秋田の間は単線なんですね

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

その他の回答(11件)

1

列車名と路線名を混同しないように注意しましょう。 「秋田新幹線」とは、東京~盛岡は東北新幹線を、盛岡~秋田は在来線を走る列車の通称であり、「秋田新幹線」という名の新幹線は存在しません。

1人がナイス!しています

2

誰からそんな出鱈目を教わったのでしょう? 秋田新幹線と呼ばれる区間(盛岡~大曲~秋田)ば「在来線」です。

2人がナイス!しています

1

●ミニ新幹線の 山形新幹線 秋田新幹線 は、 福島駅-新庄駅間の奥羽本線 盛岡駅-大曲駅間の田沢湖線 大曲駅-秋田駅間の奥羽本線 は 在来線のレール幅の1067mmを 1435mmに変えただけで、 在来線の奥羽本線・田沢湖線と 何ら変わりありません。 ◆田沢湖線は単線です。 ◆福島駅-新庄駅間は、 単線と複線がまだらにあります。 ◆ですから、 福島駅-新庄駅間 盛岡駅-大曲駅間 大曲駅-秋田駅間 は レール幅1435mmの 在来線という見方です。 ◆ですから、 福島駅-新庄駅間 盛岡駅-大曲駅間 は 車輪幅1435mmの車両の 各駅停車の普通列車も 走っています。 ◆大曲駅-秋田駅間は、 新庄駅-大曲駅間は、 新幹線は走らず、 普通列車しか走っていませんから レール幅は、1067mmです。 それで、新庄駅から秋田駅まで 直通の普通列車が走っていますから、 大曲駅-秋田駅間は、 単線の1067mmと単線の1435mmの 並列区間で 普通列車は、1067mmを走り 秋田新幹線は、1435mmを走ります。 ◆大曲駅-秋田駅間の 神宮寺駅-峰吉川駅間は、 1435mmの複線区間で 秋田新幹線のすれ違いが見られます。 ◆神宮寺駅-峰吉川駅間は、 1435mmの複線区間ですが、 片側は1435mmと1067mmの 3線軌道になっています。 ◆ちなみに、 仙台駅-羽前千歳駅間の 仙山線が山形駅まで 乗り入れていますから、 仙山線は1067mmですから、 羽前千歳駅-山形駅間は レール幅 単線の1067mmと 単線の1435mmの 並列区間です。 単線の1067mmは 仙山線・左沢線の車両が走り、 単線の1435mmは 奥羽本線の普通列車と 山形新幹線が走ります。 ◆ですから、 福島駅-新庄駅間 盛岡駅-大曲駅間 大曲駅-秋田駅間 は、 在来線と何ら変わりありませんから、 山形新幹線・秋田新幹線の 福島駅-新庄駅間 盛岡駅-秋田駅間 は、 最高速度は、 在来線特急と同じ 時速130キロ です。 *山形新幹線、福島駅-新庄駅間 秋田新幹線、盛岡駅-秋田駅間 の 特急料金は、在来線特急と 同じ特急料金です。 (東北新幹線の特急料金より安い) ◆山形新幹線・秋田新幹線の 車両のサイズも 在来線の車両と同じ 全長20m、全幅2.9mです。 ◆ですから 福島駅-新庄駅間 盛岡駅-大曲駅-秋田駅間 は 在来線と何ら変わりありませんから 駅のホームのサイズは 在来線と同じですから ホームの拡張はしていません。 *通常の新幹線のサイズは 全長25m・全幅3.8mです。 ◆だから、 在来線を走る新幹線だから 「ミニ新幹線」になるのです。 山形新幹線の福島駅-新庄駅間 秋田新幹線の盛岡駅-秋田駅間 は 最高速度は時速130キロ 車両サイズは、在来線と同じ なので 「ミニ新幹線」に なるのです。 ◆ですから 山形新幹線・秋田新幹線の 車両サイズが小さいため 山形新幹線・秋田新幹線が 東北新幹線の駅に停車するときは、 車両サイズが小さいため 車両とホームの間に隙間が開くため 山形新幹線・秋田新幹線の 車両は 東北新幹線の駅に停車する時は 扉の下にステップが出ます。

1人がナイス!しています

3

単なる通称であって、盛岡〜秋田って法的には新幹線じゃないからな

3人がナイス!しています

1

元々需要の少ない在来線だったからね。 その路線の線路幅を変える工事をやっただけに過ぎない。 特急料金はこの区間は在来線の値段が採用されてるし、法律上はその工事のために国費が投入されていない在来線だ。 複線の大曲-秋田間は1線だけ線路幅を変える工事をやり、標準軌と狭軌の2線が単線で並走し、この区間の各駅は大曲より南から来た列車が狭軌の線路を秋田まで走ります。 そして単線の盛岡-大曲間だけ、新幹線の線路幅を走るための専用の各駅の車両が走ります。

1人がナイス!しています