新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
新型コロナウイルスワクチン接種の情報についてはYahoo!くらしでご確認いただけます。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

ココナラで翻訳を請け負っている夫婦です。 全く儲けになりませんが、小さな子供もいる事なので、このコロナ禍では仕方がないかも知れませんね。妻は張りきっているので、やめるとも言えないのです。

インターネットビジネス、SOHO | 起業636閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

具体的に有益な情報を頂きましたので、ベストアンサーに選ばせて頂きました。 同時通訳を遂行できる能力が既にあり、サービス業に従事していた頃は様々な国籍の方を同時に相手にしていました。 本件のみで生計を立てているのではなく、夫である私には別の仕事があり、たちまち収入に困る状況ではございませんでした。 質問文をもっと詳細に書くべきでした。勉強になりました。皆様ありがとうございます。

お礼日時:9/26 22:04

その他の回答(3件)

1

きちんとした翻訳会社に翻訳者として登録してもらわないと、フリーランスの翻訳で生計を立てるのは難しいですり 翻訳会社である程度実績が作れれば、企業から直接案件がくるようになることもあります。 ココナラに執着する必要性はないです。 それと、翻訳と通訳に求められるスキルは全く違います。

1人がナイス!しています

1

フリーランスの翻訳者です。専業主婦の妻と1歳半の子どもと3人で暮らしています。 まず、翻訳がしたいのか、ココナラで仕事がしたいのか、ウェブ通訳で仕事がしたいのか、軸を決めたほうがいいでしょう。それによってアプローチの仕方が変わってきます。 ちなみに私は翻訳で生計を立てています。基本的に翻訳会社から仕事を請け負っています。ウェブ通訳については、翻訳会社から数回打診を受けたことがありますが多くはありません。通訳専門の会社を探して履歴書を送付してみてはいかがでしょう。ココナラで仕事をしたいのであれば、ご夫婦の得意なことで新しい仕事をつくってみてはいかがでしょう。他人にもできる仕事だと価格競争にさらされ、それはそれで大変です。

1人がナイス!しています

0

翻訳自体に需要がありません。なぜなら、Googleを使えば無料で翻訳できます。あと、ライバルも多いし需要もありません。 お子さんもいらっしゃるみたいなので、転職した方がいいと思います。