新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
新型コロナウイルスワクチン接種の情報についてはYahoo!くらしでご確認いただけます。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

ベトナム ホーチミンのロックダウンについて:

補足

日本メーカーのモラルの低さにはほとほと参りましたわ…例えば、大震災や豪雨で被災したスーパーに対して、「なんで食料売ってくれないんだ!早く売れよ!」って言ってるようなもので。同じ苦労してるのにそんな心ないこと言えますか?って話しですよね…正直「こいつら人間か?」って何度も思いましたね。 なので、「Tが減産」ってニュースを見たら心の底からザマアミロ!って思います。汚い言葉で失礼しました^^;

海外 | 国際情勢179閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(6件)

0

ホーチミン在住です。 頑張ってはいるのですが、各メーカーから同様のお話はよく聞きます。 ベトナム政府の方針としては、ワクチン2回もしくはワクチン1回+3日に1回の陰性証明があれば、経済活動が再開できるという内容なのですが、ワクチンが不足しており、1回も摂取していないベトナム人が多いのが現状です。なので、しばらくは今と同じ状態が続くと思われます。 パワーバランスもあるので、無責任な事は言えませんが、工場にテントを張っている写真を見せたりとか、事実を伝えて理解してもらう事はいい事だと思いますけどね。(あまり感情は込めずに)

0

イライラのキャッチボールなんてそんなものですよ。 あなたに理不尽に八つ当たりしている顧客も、その顧客や上司に「ベトナムの状況がこうなので」と伝えたら納得して貰えるなら、あなたに八つ当たりしたりしないので。 そしてイライラは上から下に流れる方式なので、あなたができることは「それをそのまま工事に伝えて怒鳴り散らかしてスッキリする」「自分で溜め込む」かのどちらかです。 組織で働く給料の半分はくそみたいな人間関係に我慢することなので、逆に言えば、コロナ禍でもそれに耐えとけば、工事の稼働率が平時の10%でも給料は平時の10%にはならないので、むしろお得かもしれないですよ。自営業で収入ゼロからマイナスになってる人よりもマシでは?

無論言い方を変えて工場に顧客リクエストを伝える、ですね。言われたままの口調やテンションで伝えるのはコミュニケーションの下手な人のやることですし、自分の存在価値がなくなっちゃうんで。そこは我らは一番気を使ってるところですわ。

0

ホーチミン市は移動許可証となる「イエローカード」と「グリーンカード」を 導入する計画ですが第1期(9月16日~10月31日)グリーンカード所有者または全従業員がグリーンカードを持つ企業は全ての活動(カラオケ、ディスコ、バー、マッサージ、店内飲食娯楽、スポーツ、映画館、商業施設を除く)への参加が可能 新型コロナ検査が陰性だったイエローカード所持者も一部活動へ参加可能ただし外部の人々と接触のある部門はグリーンカードを持つ従業員のみ起用する 第2期(11月1日~2022年1月15日)グリーンカード所有者はさらに商業施設、スポーツ、野外娯楽活動、小規模飲食サービスへの参加が可能 第3期(2022年1月16日以降)残る全ての活動が可能、ただしカラオケ、ディスコ、バー、マッサージについては参加者はグリーンカードが必要 グリーンカード(2回接種証明書)、イエローカード(1回接種証明書) ベトナムはワクチン調達に40%の寄付に頼りましたが思う様に集まらず 態度を変えて寄付の多い企業を優先でワクチン接種していますから寄付もしていないのなら接種はいつになるか分からずグリーンカード取得が出来ませんからその辺りはどうなっているのですか? 煩い事ばかり言って見舞金の名目でワクチン寄付金を出しているのですか? 感染制御の目的で7区では20日から店舗営業再開の方針ですから 厳しい状況ですので煩い事ばかり言って会社を潰すつもりなのかどうかです 私はベトナムからのコロナ帰国組なので日本で上記の情報は入手出来ましたので真剣に考えているのなら相手の立場に立って考えて見て下さい。

0

ハノイ在住です。 ホーチミンは確かに長期間指示16号が続き大変な思いをしておられます。 T社さんはハノイ近郊にもありますがハノイもロックダウン中であり同様に稼働率を落として操業されている模様です。 ベトナム国内では状況を肌で感じ自分たちもほぼ監禁生活に近い状況を2ヶ月送っている為日本人駐在員同士でも理解しあえるんですが、日本側は正直コロナに対しての対策が甘すぎる為頭では理解できても心で理解することは出来ないでしょう、我々がどんな大変な思いをして生産活動をしているのかを。 それをまくしたてるように言ってくるモラルの低さは天下のT社として情けない限りです。サプライヤー連合で徒党を組んで抗議できないもんですかね。 まあ言ったら言ったで帰ってくる言葉は見えています。『いやだったらお宅じゃなくてもやってくれるメーカーは沢山あるんだよ』って。 弊社もそうですが大きい企業から仕事を頂いている企業はほんとやりきれないですよね。 弊社はT社さんの傘下ではありませんが一部T社さんの仕事をしており、以前クレームを付けた時、いち担当者にゴミの様な扱いを受けました。『この町工場が』とまで言われました。1000人以上いる上場企業に対してですよ。 T社は従業員のモラルから教育する必要があると強く感じた次第です。 さてホーチミンの方も規制が月末まで延長されましたが一部の噂では、これだけ長期間実施しても効果が表れていない為ロックダウンを放棄するとの話も出ています。ホーチミンだけで毎日5000~7000人の新規感染者が出てるのでこの先どうなるのか非常に不安です。

ご返信ありがとうございます!Tとその下のいわゆるティア1と呼ばれる車載メーカーの圧力にはほとほと困っております…圧倒的理不尽で…我ら部品メーカーが納入しなければろくに車1台作れないくせに。というかどのみち半導体も無いから、うちらの部品早く納めなくても作れないのに…