回答受付が終了しました

ID非公開

2021/9/16 17:09

44回答

佐藤剛 まさか執行猶予つかないですよね 実刑くらいますよね どの程度の量刑か予想お願いします

事件、事故 | 法律相談1,175閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

1人が共感しています

回答(4件)

6

同乗者に口止めして事件を隠蔽して1年逃げ続けていた事が明らかになったので、 裁判ではそれを悪質と見なされ実刑になるかと思います。 経営している会社も潰れるでしょう。

6人がナイス!しています

7

今回の逮捕容疑は業務上過失致死傷ですが、警察は犯人隠避幇助などで再逮捕するとコメントしてますから、併合されれば長期の1.5倍の刑が最高刑になりますから、7年6月が刑法で裁ける判決になります。現時点では何とも言えませんが、警察は佐藤容疑者の余罪も調べていたようです。今後は福島県警も身柄を預かり取り調べるようなので、最終的にはかなりの量刑になると思います。とりあえず業務上過失致死傷と犯人隠避幇助で起訴されれば軽く5年は実刑になりますね。この佐藤容疑者は国粋会という暴力団の企業舎弟で前科も複数あるので、執行猶予は100%あり得ません。たしか2回ほど刑務所に服役しています。覚せい剤取締法違反と詐欺罪がありました。傷害や暴行などは罰金や執行猶予で済んだみたいです。

7人がナイス!しています

0

起こした結果と罪証隠滅を図るなどやったことはとんでもない人物であることは間違いないが、適用された罪名が業務上過失致死傷罪という、一昔前に車で人を誤って衝突して死に至らしめたという条文。 法定刑は5年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金というもので、初犯であると罰金刑となったり、懲役刑でも執行猶予がつくことも珍しくないため、裁判所が刑罰の均衡性を重視すれば同様の刑罰になってしまう可能性もある。