よく「欧米が」と言いますが、欧米先進国が(場合によってはオーストラリアも)連帯する時フランスだけ足並み乱すことが多いのはなぜですか? 潜水艦の対中包囲網もですけど

ベストアンサー

0

その他の回答(6件)

1

フランスは18世紀あたりからの哲学、人間はいかに生きるべきか、の中心地だったという自負があるのではないかと思います。たしか共産主義の始祖カールマルクスも亡命生活を送ったはずですし、植民地主義との共闘を陳情に日本を訪れたホーチミンも、日本の野望に絶望して行きついた先がパリでした。そこでホーは国際コミンテルン?で教育を受け、独立運動だけでは思いを達成できないため共産拡張主義となっていきました。 我々が現在当然と思っている人権に関するすべてのことがフランスで生み出されたといっても過言ではない。 アメリカやイギリスはフランスを疎んじるでもなく、そのような歴史的経緯を尊重して、フランスの自由闊達な意見を求めている節があるように思えます。あ、でも2003年のイラク侵攻に反対したときは、アメリカではフランス系の人たちがひどい差別や子供は学校でいじめにあったそうですね。アメリカ人が嫌いなリベラルの本流、アメリカ人のゴリゴリの保守層も一目を置いている、というところではないでしょうか。 ただし第1次インドシナ戦争やアルジェリアに対する執着など、矛盾しているところも多いんですけれどね。そこはやっぱり欧米では白人優越みたいなのがあるのかな?、と思ってしまいますね。

1人がナイス!しています

0

武器商人は、買ってもらってなんぼです。 何処の国も根っこは同じ。 国益に叶うか叶わぬか。これ一本。

0

イタリアは一帯一路に参加したりしてるし ドイツは過剰な軍縮のおかげで全軍がガタガタになり、東欧をクッションにすりゃいいやという楽観を隠し切れてませんね イギリスはEU抜けちゃったし 国家間の連携なんてのは、それぞれの利益を侵害しない範囲内でしか行われない物です 西側陣営が一見連携して見えるのも、「アメリカのご機嫌はほどほどにとっておいた方がお得」という方針が概ね共通してると言うだけのこと

0

フランスはEUでもお荷物なんです。 フランスは工業国ではなく農業国で国力も然程ない。 でも常に勝者側にいるのがフランスです。 日本人的には藤堂高虎でしょうね。