ID非公開

2021/9/17 15:29

77回答

ドラゴンボールGTは、正式な未来じゃないと考えるべきですか?

アニメ | コミック286閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/9/18 1:00

まあすべて好きな人もいるのでGTを切り捨てるような質問では良くなかったですよね。でも今のところ、鳥山明の発言では超が正史で、GTとヒーローズがパラレルワールドという認識でいいんですよね?

その他の回答(6件)

0

正式と言えば、GTも超も正式です。でないと、二次創作の同人誌のような扱いです。 ただ、それぞれが独立した話で繋がってはいませんが。 それで正史はというと、コレは原作漫画に当然なると思います。アニメ版の無印やZも正史とは言えないでしょう。ソコから繋がる超も同じくです。 あえて、原作漫画(正史)の続編というなら、鳥山明が脚本した劇場版「神と神」「復活のF」「ブロリー」です。

2

Zの後につながる形でGTを製作してきれいに終わらせたのに、ずっと何年も経って前の設定を忘れたか無視したかで、商売優先で超をブッ込んだのが矛盾の原因です。 GTも全く鳥山先生が係わっておらずアニメスタッフが全く勝手に作った訳ではなく、大体の構想を聞いてOKを出したそうです。一部のキャラデザも担当されてます。それだったら鳥山先生もGTを尊重すべきなのが本来でしょうし、自分の名前も出して許可して任せたのならそれなりの責任はあると思います。超の原案なるものがどの程度詳しいものなのか分かりませんが、本来ならZやGTと矛盾なく作るべきものだったでしょう。 それに超はGTと矛盾しているだけではなく、Zなど原作とも矛盾しています。例えばとっくにワシの時代じゃないといっていた亀仙人が、本当はもっと強いんですとか後付けにも程があります。超がZの正統な続編だと作者が言っても、それはいわばセールストークであり、いやぁ別物だよとは言えないでしょう。 まぁ、鳥山先生のある意味良きいい加減さが、とっくに終わったはずのDBに新章を付け加えることになった訳です。どっちが正統、正典だとか、矛盾とかどうでもよくて、自分なりにとりあえず楽しめばいいんじゃないですか。

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/9/18 0:36

私はどちらが正統か決めないとモヤモヤしてしまうんですよね。神経質なんでしょうね。 たしかにGTにある程度関わるなら責任持つべきでしたよね。ナルトでいうと、十年以上経ってから「borutoは別物だった」と言っているようなものですもんね。 まあ予定してなかった続編を作るなら、新しい設定はすべて後付けと言われてしまうのは仕方ないことです。それはGTも通った道だと思います。 gtと矛盾なく作るためには超サイヤ人3から成長がなかったことになるので、それでは物語もアニオリみたいな内容の薄いものしか作れません。そういう意味でgtと矛盾なく作るのには無理があったのでしょう。 GTを正式な最後のストーリーだと思って愛していた人ほど、超の存在は煩わしいのかもしれませんね。

0

そもそもアニメと漫画は 別物と考えるのが一番スムーズですよ ドラゴンボール ドラゴンボールZも 結局はアニメシリーズなので 原作には無い展開 原作にはいないキャラがいるので その アニメシリーズの続編であるGTが 原作の続きにつながるのは そもそもあり得ません 超も 鳥山先生が原案なので 鳥山先生が関わっていない GTさらには 無印やZのオリジナル部分はほとんど組いられていません 超のアニメが 原作に近い形で編集した 改と繋がりやすく作られているので オリジナル要素でありながら カットできなかった グレゴリーなどは存在しますが Zにいた パイクーハンなどは 超には存在しておらず(実際 作中で悟空は あの世一武道会で sサイヤ人界王拳を放ってますが 超で初めて使った事になっています) どちらかというと 超は改の続編という位置付けですかね また コミカライズされてはいますが 超の漫画も純粋に原作と 矛盾無くつながっているのかと言われれば疑問が残りますし GTは当時のアニメシリーズのもの 超もある種 当時の原作をモチーフにした 新しい世界線と それぞれ独立した見方をするのがよいかと

この返信は削除されました

1

GTは鳥山明は一切ストーリー制作には関わってないので。 キャラクターデザインくらいですね。 どういう展開になるのか個人的に楽しみにしてますというコメントもしてましたしね。 ブウを倒してから10年後に一気に飛んで無理やり物語を終わらせたというのも当時、あまりにも忙しくて早く連載を辞めたかったようです。相当無理を言って辞めさせてもらえたようですから。 タイトルを超にして新たにブウ編のあとを描いていこうと思ったのはいろいろと落ち着いたからでしょう。 画を書くのも、とよたろうさんに任せてあとで画はチェックしてますし、主に今はストーリー制作に集中するだけで良い。週刊誌でなく月間誌で連載できてるのも時間的に余裕があるので大きいですね。 時が経てばいろんなアイディアも生まれてくる。そのための充電期間だったと思えばいいのかもしれないですね。 なので10年後に飛んで無理やり終わらせたところもいろいろと矛盾点や変更点が出てくるのかなと思いますので、あれはあれで1つの未来だと思った方が良い。 新たに超としてタイトルを変更してブウ編のあとを描いてる完全新作の物語として楽しみましょう。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/9/17 16:20

そんなにしんどかったなら辞めたくなったのは当然だと思えますね。 超は好きですよ!というか鳥山明がちゃんと正式続編を考えてるってだけで、嫌うことの方が難しいです笑 一部ヒョロガリになってしまったキャラたちのデザインだけは気に入りませんが。笑

2

まぁ、GT制作の段階で、原作者鳥山先生が許可だけはしたけども ストーリー等には一切関わらない、作るなら勝手にしなさい。状態でした。 だからバードスタジオが関わってない。(アニオリ) 今までドラゴンボールもZも映画も全て関わってきたのにです。 その後、ドラゴンボール神と神にて、わだかまりが溶け、再び鳥山先生と共に 作る事にしたのでドラゴンボール超は漫画版もあるわけです。

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/9/17 16:06

そうですよね。アニオリですよね。GTの記憶を完全に塗り替えてほしいので、ウーブを連れ去った天下一武道会の、その後のストーリーを正式につくってほしいものです...