編み物してる方、相談に乗ってください(・_・;) 質問を読んでくださり、ありがとうございますm(_ _;)m

手芸168閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

4

4人がナイス!しています

ありがとうございますm(_ _;)m 編み物歴長くてもミスはあるんですね(・_・;) ずっと続けられていて凄いです!! 今回の私の使用毛糸がウール90%、モヘヤ10%とかのすんなりほどけないタイプでした(・_・;) 繊維が引っかかり、ブチブチしながら解いてました(笑) 毛糸もダメージ喰らいまくりです。 毛糸の種類も見極めなければいけないですね。

その他の回答(4件)

0

人に使ってもらうなら、ほどいて編み直します。 自分用セーターで肩のはぐ向き(前身ごろを手前にするか後ろ身ごろを手前にするかの違い)を間違えたときは、気がついたのが全て完成後だったので、それこそかなり編み物の詳しい人でないと外から見てわからないのもあって、しばらく着ています。 もちろん、着るたびに、直さないとなぁとは思います。ストレートな糸なので、いい加減そろそろほどいて別なのを編もうと思います。

ありがとうございますm(_ _;)m 今回の私の作品は、子ども二人のどんぐり帽子です。 身内かつ、なかなかほどけないので、失敗をしたところをスルーして完成させてしまいました。 次の作品にいかしていきたいです。ありがとうございましたm(_ _;)m

2

私は既存のレシピをアレンジすることが割とあります。 伏せ止めの指定をゴム編み止めにしたり、作り目を自分が好きなものにしたり、減目を変えたり、身頃の交差模様を左右対称にしたり。 自分で「こっちの方が良い」という判断ができるタイプなので、『作品見本をそっくりそのまま完璧にコピーしたもの』に拘らないです。 なので「編み方が微妙に違う」という理由だけではなんとも言えないですが… たとえばその段で目数が100目ないといけないのに何故か99目しかなくて、次の段でねじり増し目をして辻褄を合わせる、という誤魔化し方は個人的にはあり得ないです(^^; そういうミスは必ず解いて直します。気にしないメンタルを持ちたいとは私は思わないです。 細かいところに気付いて直せるのは長所だと思いますし、気にしないようになることを願うより、ミスしないように注意深く編むようにされてはいかがですか?

2人がナイス!しています

ありがとうございますm(_ _;)m レシピのアレンジ、楽しいですよね!! 今回の私の間違いは、子どものどんぐり帽子の輪編みの一段が60目で、トータルでは60目編んでいたけど、間で1目ずつ入っていないみたいなやつでした(・_・;) 気にすることを長所と言って下さりありがとうございますm(_ _;)m

2

それを着るたびに「ここ間違ってるんだよな」っておもうのが嫌なので編み直します。

2人がナイス!しています