ここから本文です

直流センサについて質問です! この様な製品で微弱電流を測定したい場合、コイル...

vol********さん

2009/4/708:48:25

直流センサについて質問です!
この様な製品で微弱電流を測定したい場合、コイルの太さは細い方がいいのですか?もうひとつ、巻数に関しても教えて下さい。(多い方がいい?)http://www.hohkohsya.co.jp/d_sensor.html

補足yuki24cさん、kieros2005さん ご回答ありがとうございます。

yuki24cさん当方、ど素人のためURD社の技術資料を見てもさっぱりわかりません(+_+)単純にURD社の製品【CTL-6-S32-8F-CL】と【CTL-10-CLS】を比べた場合、後者のほうが微弱電流を測るには有効とのことですか?

kieros2005さん 、参考で貼り付けました会社の類似品を製作するとしたら巻線の導体径、巻数はいかほどか?とのことです。
言葉足らずで申し訳ございません。

閲覧数:
1,466
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yuk********さん

編集あり2009/4/1016:39:00

貫通型CTLセンサはAC/DC共に多くの用途で使用されています これらの共通点としましては二次側電流の規定内で、特に微小電流を計測する場合等は多くの巻き数にするのが有利です
そうなるとコイルに使用する電線径は細いほど多く巻く事ができますし 多く巻くと必然的にコイル自体の径も大きくなってきます
また、実際の電流が流れる一次側も単に貫通させるだけでなく2ターン3ターンと繰り返すとそれだけ感度が上がります

このあたりCTLセンサのパイオニア、ユーアールディの技術資料を参照頂けますと良いのではないかと思います
http://www.u-rd.com/technical/index.html
http://www.u-rd.com/technical/tech2.html

[補足について]
CTL-6**とかCTL-10は交流用です 直流用途には下記の中から そして微弱電流には微小電流用を試してみてくださいませ
http://www.u-rd.com/products/2_chokuryu/index.html

特にDCにおけるコイルタイプのセンサーは絶縁や一次側との切り離しが簡単に出来便利なのですが スパンの全体及び特に低帯域における検出特性は良くありません
たしかにカタログスペックは微小電流値を誇示していますが、補正や初期特性時によるもので このあたりシャントによる計測のほうが格段に優れています
下記メーカーのシャント等はいかがでしょうか?
http://www.pcn.co.jp/

質問した人からのコメント

2009/4/13 14:12:42

成功 お返事、遅くなりました。ご回答ありがとうございます。自分でももっと勉強しなければいけないみたいですね^_^;

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kie********さん

編集あり2009/4/717:58:38

直流ではクランプしても測定できないと回答した者です。こういう製品があるとは知りませんでした。すみません。
原理上はこのようにいったんトランスを構成しておき、直流磁界によるインダクタンスの変化などから計量変換することで直流を測定できることはわかります。
この測定器は購入してすぐ測定できるので、コイルは別に用意する必要はありませんね。巻き数とか何とはありません。すべてクランプのなかに入っています。フルスケールで0.1%の精度なら申し分ないのではないですか。

○補足について
ああ、そういうことだったのですか。巻くコイルは巻き数が多いほうが電圧検出後の処理が楽でしょう。ただし寸法の制約がありますから、どういうクランプ形状寸法にするかでほぼ決まるでしょう。詳細はクランプする磁性体性能、選択する周波数などで変わります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる