明治時代になるまでは 漢文が公用語で和文はサブ的な扱いだったのですか? ならば和文で書かれている源氏物語や枕草子や和歌集は 非公式な扱いになるのですか。

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ちなみに禁中並びに公家諸法度の起草者は、金地院崇伝。高僧であり、日本でもトップクラスの知識人です。だから漢文も当然書けますが、日本の公文書であり、和文なのは当然です。

その他の回答(3件)

0

「公用語」という認識が少し違います。文書の記述には使いますが、読み上げには使わない(原語で読めない)からです。 日本の知識階級や役人でも、漢語の発音が理解できたのは、本当にわずか一部でした。そのため、律令制には「音博士」という漢字の発音を専門とする職と部署がありました。 漢文で書かれた国史の日本書紀も分析すると漢字用法の誤りがあって、その章を書いたのが渡来人か和人かわかるそうです。 その原因は現在の英語を考えてもわかるように、昔から日本語の発音と外国語の発音には落差が大きい(日本語の発音が単純すぎる)のです。漢文の場合、「四声」を区別する仮名文字がないように、昔から日本人にはその差が聞き取れませんでした。 その結果、形式は漢文で書きながら、「シノタマワク」みたいに読む時は日本語でしか読みませんでした。 ですから、一見漢文ぽく書いていても、実態は和文でしかなかったのです。

0

時代にもよりますね。日本思想大系の「律令」を見ると、全部正式の漢文です。 国史大系の「延喜式」を見ると、全部正式の漢文です。公文書に近い、六国史も全部漢文です(和歌や詔のようなものは除く)。そしてこういうのが基本的な公文書の書式です(ただし日常業務や、地方への伝達には日本語も用いる)。それが鎌倉以降、武士が政権を取ると、かれらは漢文力がなかったので、日本語の公文書もできてきました。しかしあくまでも基本は漢文です。明治以降漢文は落ち目になりました。 古文については前の回答通りですので略します。

1

はい 基本全てサブカル扱いです 「三舟の才」にある、藤原公任が和歌の舟で名声を勝ち得た後、「漢詩の舟に乗れば良かった」と言ったという逸話が、それを良く表しています 今でこそ源氏も枕も冥途の飛脚も世間胸算用も古典中の古典ですが、国学成立以前は全て「女子供の慰み物」です 公式・公的な評価を求める文章は全て漢文か漢文訓読調の文章で書かなければ、まともに相手にしてはもらえませんでした 国学4大人の筆頭、荷田春満が八代将軍吉宗に国学の学問所を作るよう建白した「創学校啓」すら、漢文でした ただ勅撰和歌集だけは例外です あれは天皇制国家事業の産物でしたからね

1人がナイス!しています

この返信は削除されました