河野太郎氏の年金の基礎年金部分を全部税金負担にするとのことですが、 これについては賛成です サラリーマンは強制で取られてますが、国民年金は払ってない人も多数います

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

回答ありがとうございます サラリーマンには国庫が入ってないのでしょうか? 今まで何度も消費税増税されてきましたが増税分が国民には何に使われてるのかよく分からないので不満があったのではないのでしょうか? あなたが計算したように基礎年金を税金で負担するなら年間これだけの費用がかかりますので消費税を○%上げますといえば納得する国民も多いのではないでしょうか? 国民年金で言えば免除や減免もありますが、この制度を受ければ将来もらえる金も減ります しかし満額払ってる貧しい人も大金持ちも負担は同じです 消費税は貧乏人も金持ちも同じ税率ですが、金持ちの方が消費金額が多いので実際にはたくさん払ってます よって貧しい人には優しい制度と思います

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございます

お礼日時:9/20 20:45

その他の回答(4件)

0

多くの政治家や財務省は隠していますが、消費税で消費者が払ったのに国に納められていないお金が最大で10兆円ぐらいあります。理由は国内消費が300兆円なのに納税された消費税は19兆円ぐらいです。その差額です。 どこで消えているかは政治家は知っていますが、自民から共産まで、それぞれの支持基盤が理由ですから、うやむやです。例の売り上げ1000万未満の益税ですし、自営業の無申告問題です。 また、400万世帯では国民年金保険料または相当分が年15万円で、消費税が対応で3%上がっても負担増は6万円です。つまり、平均的な働く階層では国税の方が得なのです。現在の生活保護資金を考慮すれば、年金世帯全員に月7万ぐらいを支給しても収支では問題ないし、報告書のシミレーションが正しいのなら安定のはずです。 このようにお金だけなら、国税転換の方が普通に保険料を払っている階層と払っていなかった・払えなかった階層ではお得です。 問題は、いままで払ってきた人たちへの公平性をどうするかです。 日本の年金の基本思想を準用すると、40年ぐらいのスパンで定額の払い戻しの形で現役時代は税額控除、年金時代は年金額の上乗せのような姿になるのではないでしょうか。 働いたら負け、生保で逃げ切る、って、まともな考えでしょうか

0

今の基礎年金が月65000円。 BIで65000円を下駄は履かせて、月13万。 やっと生活保護並みだけど、生活保護は世帯単位。 夫婦で生きてれば、年金納めていなくても合計13万なら、 偽装離婚が増えそう。赤の他人2人分で26万。 でも、月3.25万しかもらえない全額免除の人には、 生活保護でさらに3.25万を足すっていうのかな? 月15万の人にBIで6.5万の下駄を履かせるのかな?

0

そうですね、私も同じ考えではあります ただ年金を払ってこなかった人は生活保護になります、その方が受け取る金額は多くなり医療費も無料になる。その方が税金負担は重くなります ただ払ってこなかった人には最低限にして可能な限り長く働き続けてほしいです