時速60キロの定速で信号のないバイパスを走って30キロ先の勤務先へ毎日通勤する場合、

補足

御回答より、 ◇定速走行の場合、燃料消費は走行抵抗の内の空気抵抗が大きい比率をしめますので、速度に拘束されます。 ◇又定速の場合、車両重量は悪影響を与えません。 おーすばらしい! 大変貴重な御回答ありがとうございます。 別の御回答より、 原チャリ!スーパーカブは重さが100キロもなく50cc!リッター何百キロも走るかと言うと、実際は60キロ位。 返事、 あなたは私の理論をよく分かっていますね!? つまりカブは空気抵抗が大きいですし、重量も軽い、 したがってさほど燃費は伸びない。 同様にハイト系の軽自動車は空気抵抗が大きいし、車両重量も軽い、 という事で燃費は良くない、それは軽トラが燃費が良くない理由と同じである。 スーパーカーは、フロンテクーペよりも車高が低く空気抵抗が少ない、そして重量が重い、 従って、燃費が良い。 やはり私の理論が証明されました。

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

◇定速走行の場合、燃料消費は走行抵抗の内の空気抵抗が大きい比率をしめますので、速度に拘束されます。 ◇又定速の場合、車両重量は悪影響を与えません。 おーすばらしい!私の理論の裏付けが出来ました。 大変貴重な御回答ありがとうございます。

お礼日時:9/26 2:59

その他の回答(5件)

0

60km/h一定だと排気量が大きな車でも意外と燃費が悪くないのはそうですけど、軽の燃費が悪い訳じゃ無い。軽だって60km/h一定走行派燃費良いです。その差が縮まるのは事実でしょうけど。 軽トラに関しては農作業とかの低速、荷物運び、荒れた路面移動がメインだからギア比とかが違うのが原因。 速度を上げて空気抵抗の影響が大きくなって燃費が悪化するのもまた事実ですが、その領域はもっと上ですし、重い車、前面投影面積が小さい車でも結構悪くなります。

0

原チャリ!スーパーカブは重さが100キロもなく50cc!リッター何百キロも走るかと言うと、実際は60キロ位。何に差が出るかと言うと重さ、仕事量。 軽のオートターボで坂道をベタ踏みで走る時は、力のあるスーパーカーよりも燃料を使ってる。 仕事量なりに燃料は必要です。

ありがとうございます。 原チャリ!スーパーカブは重さが100キロもなく50cc!リッター何百キロも走るかと言うと、実際は60キロ位。 返事、 あなたは私の理論をよく分かっていますね!? つまりカブは空気抵抗が大きいですし、重量も軽い、 したがってさほど燃費は伸びない。 同様にハイト系の軽自動車は空気艇庫が大きいし、車両重量も軽い、 という事で燃費は良くない、それは軽トラが燃費が良くない理由と同じである。 スーパーカーは、フロンテクーペよりも車高が低く空気抵抗が少ない、そして重量が重い、 従って、燃費が良い。 やはり私の理論が証明されました。

3

重量が重いほうが、燃費がいい ってずっ〜〜と投稿し続けている人がいるが、バカも休み休みいいましょう 軽トラが燃費悪いのはギア比 ①のケースで重りをおろして走ってよ それで重いほうが燃費がいいなんて、ないでしょ もっと①のケースで一人乗車と4人乗車で4人乗車なほうが燃費がいいケースとかを証明してほしい

3人がナイス!しています

ありがとうございます。 ①のケースで重りをおろして走ってよ それで重いほうが燃費がいいなんて、ないでしょ もっと①のケースで一人乗車と4人乗車で4人乗車なほうが燃費がいいケースとかを証明してほしい 返事、 あなたフロンテクーペに4人乗れるはずないでしょう!? あっそうだ、プリウスを想像してね。 空気抵抗の少ないスタイルである、 重量のある電池とモーターを積んでいる。 結果燃費が良いでしょう!?

1

余りにも乱暴な理論だな。ピンポン球とゴルフボールでは重量が違い過ぎる。初速は同じでも慣性力が違う。ピンポン球の慣性力は空気抵抗より小さいので失速する。 フロンテと軽トラでは30kgの重量差しか無いのに燃費は2倍違う。ギア比も全然違うのに、全て空気抵抗の所為にしようとする詭弁。

1人がナイス!しています