戦国武将 明智光秀公の家臣もしくは配下てあんまり聞かんがそんなにマイナーもしくは逸話がないの? 一応、自分が知ってるのは某アクションゲームの主人公になった秀満公くらいだし。

日本史74閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(1件)

0

私も斎藤利三ですね! 利三と稲葉一鉄の関係ですが、家臣ではなく与力だったと考えられています。 そして、一鉄の姪を妻にしました。 利三が一鉄のもとを去り、明智光秀の家臣となった時期や理由については定かではありません。 一説には、待遇に不満を持ったというものさえあります。 利三の実兄(頼辰)が石谷光政の娘を妻にしました。 さらに、光政の娘が長宗我部元親の正室になりました。 利三と元親の関係は、兄:頼辰を介してというものになります。 『稲葉家譜』に依ると、天正十(1582)年、那波和泉直治が稲葉家を去って光秀に仕えました。 一鉄が大いに怒って、先に利三を招くのみならず、今度は直治までも招いたとして光秀を信長に訴えました。 信長は光秀に命じて、直治を一鉄に返還させ、その上で利三に切腹を命じました。 その時、猪子兵介(高就)が光秀のために取りなしたので、利三は死を免れて元のように光秀に仕えることになりました。 『石谷家文書』には、元親と利三のやり取り、さらには、利三の家族が一鉄によって美濃に匿われているという書状が残されています。 おそらく、後の春日局(斎藤福)もその中にいたのでしょうね! なお、利三は山崎の戦いの敗戦後、子息二人とともに近江国志賀郡賢田に潜んでいました。 そして、利三は当地の領主:猪飼野秀貞に騙されて捕縛され、二人の子息は斬られてしまいました。 この秀貞は、光秀の家臣で明智姓を貰い、明智半左衛門秀貞と名乗っていました。 近年では、利三の研究が進み、色々なことが分かってきましたが、利三という男は非常に優れた男だと思います。 上記の『稲葉家譜』については、歴史研究家の桐野作人氏の研究が有名です。 歴史好きなら、桐野氏の著作を読まれることをお勧めします。 そうでないと、他の方の回答のようにとんでもないものになってしまいます。