100キロからのブレーキと 100キロからのローギア変則は どっちの方が車のダメージが大きいでしょうか??

その他の回答(3件)

0

ATならLレンジに入れても何の問題も無い。 エンジンブレーキを掛けず、ブレーキを踏むなら、ブレーキパッド・ライニングの摩耗、ローターやドラム・キャリパー・ホイールシリンダーの劣化を招く。 MTだったら、シフト位置を間違うとエンジンオーバーランを起こし、エンジン交換となる。

0

100km/hでローギアに入れたら・・・車がスピンする恐れが大。 あるいは、エンジンのオーバーラン発生でお釈迦。 絶対やっちゃダメです。 まあ、回転差が大きすぎて、入れるのも一苦労ではある。 ブレーキの方が早いし、ABSもあるんで、急ブレーキでもスピンはまぬかれると思う。 実際、高速でセカンドに入れてみたら、スピンして大破させた、っていう奇特な人がいました。 なんでも、友人と「どうなるか」賭けをしていたという・・ 他の車を巻き添えにしなかっただけ、マシだったとも言ってました。 ったく、あきれます。