ID非公開

2021/9/21 12:44

55回答

昔の人はカメラは一生に一度買うものだったそうです。一人で複数台を保有するようになったのはいつ頃からですか。今時カメラを一台しか持っていないのは変ですか。

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。

お礼日時:9/22 14:56

その他の回答(4件)

2

>昔の人はカメラは一生に一度買うものだったそうです。 なんと!! 昔の人は、誰もが一生に一度は、カメラを買ったのですね。 知りませんでした。 今の人は、一生に一度もカメラを買わない人が、 たくさんいますよ。

2人がナイス!しています

1

足かに・・・・昔はカメラも、ものすごく高かった!! 昭和40年ごろ・・前の東京オリンピックの時代だと 一眼レフ50㎜の標準レンズ付きが大措置初任給の3ヶ月分でも(冬の賞与)でも買えなかった!! その前だと・・・ コンタックスのカメラが家一軒・・5千万円? したと言われている 当然いっそ輸に一度替えるかどうか・・・ Canonがキャノネットと言うカメラを発売したりピッカリコニカなんていのが発売されて やっと普及し始めたけど・・・ それでも給与丸丸1か月分・・・・ ま~昭和も60年代になったら2台持ちも・・ でも一般尾人が2台持つ・・その方が今だって稀でしょう 写真を趣味にしているひとなら・・・ 2台持ち、3台持ちも要るでしょうけど

1人がナイス!しています

0

> 昔の人はカメラは一生に一度買うものだったそうです。 済まん、フィルム時代に10台くらいは乗り換えてる 写歴は52年だから「昔のヒト」と言っても良いだろ(^^ 現在は一眼レフ、ミラーレス、複数マウントで5台持ってる 常用してるのは3台だけどな

0

大昔はそうだったかもしれません。昭和30年台に国産のカメラが出始めてだいぶ変わったと思います。輸入品はどうしても高いですからね。