フィールド銃(ミロクms2000等)でスキート射撃をするとき、スキート競技用銃に比べて、軽いせいで反動が大きくなったり銃身が若干短いせいで正確に狙うことが難しくなるなどのデメリットがあると聞いたことがあります。

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

軽く短いフィールド銃ではありませんが、長らくフィールド銃でスキートと猟をやっていました。 現在はスキート銃と分けています。 慣れれば互角ですが疲労感は全く違います。 若い時分は体力任せでしたが年々キツくなりました。 アベレージ80点ならフィールド銃でも良いかと。 90以上目指すなら専用銃が良いです。

0

重量にさほど差があるとは思えませんけどね。 ミロクの場合、スキートやスポーティングとフィールド銃で一番違うところはフィールドの方がグリップの形状が一応はピストルグリップの範疇ですが、ストレートグリップに近くなっています。 一方、競技銃はかなり立ったピストルグリップです。 脇を締めてしっかり引きつけるには立ったピストルグリップの方が向きます。 一方、スラッグなど反動のきつい弾を多く使っていると、立ったグリップは手首に負担が大きくなります。 あとは、フィールドの方がトリガーが重い筈です。 違いと言えばそれくらいで、慣れてしまえばスコアに大きな差は出ませんよ。