第一種電気工事士実技試験のケーブルは最初に採寸して全て切った方が良いでしょうか? それとも、まず器具にケーブルを取り付けその都度採寸してケーブルを切っていく方が良いでしょうか?

資格 | 工学171閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

非常に詳細にご回答くださり、有難うございます!!

お礼日時:9/28 22:54

その他の回答(6件)

0

どっちが早いとかは個人的な感想に成るかと思うけど、一種の場合、KIPを端子台に繋ぎますよね、全て切ると分からなく成るんじゃないかって事なら、一種範囲内を先に遣り、2種範囲内を後に遣る、低、高圧を分け、材料切り分けも部分的に切り分けるとかも良いかもね。 まぁ、全て切った所で器具に繋ぐ時に手なり、工具の柄成りで計れば良いだけだけどさ。 私は部分分けした部分だけを切り分けて直ぐに繋ぐを繰り返して遣りましたよ。

0

①、ケーブルには、切断する長サに記しをつけます。 長サが間に合うことを確認したらまとめて切断します。 このとき、使用する場所が分からなくなるので用途を記入します。 [例] ケーブルのジョイントボックス側に「コンセント」と用途を記入する。 コンセントを取り付けたらジョイントボックス側を皮むきします。 皮むきすると用途は、消えるがコンセントがついているので用途は 判断できます。ポイントは、ボックス側の皮むきをする部分に用途を入 れること。 ②、1ヶ所分のケーブルを切断、皮むき、コンセントの取付。 ③、次の器具の作業、②と同様。 以上より ①、または、②は、個人差がありますのでどちらでも良いです。

0

器具を指定通り配置して、ケーブルの片側を取り付け配置し 採寸すればいいんじゃないかな。 最初に間違った切断すると 寸足らずでケーブルを追加でもらわなければならない。実務でも切損を無くすために片側を決めます。

0

ペンチと電工ナイフをいちいち持ち替えるのがめんどうだから、ペンチを手にした際にとりあえずケーブルを切ってしまいます。 あとは電工ナイフに持ち替えてひたすら剝きます。 どの長さのを何本取ると最初に認識できていれば、間違えません。 ゆとりストリッパを使うなら持ち替えなくても良いからその都度でもいいんじゃね?

ふつー複線図に直すときに長さも入れとくよね? 電線が足りなくなるという事は、複線図を書いた時点でゲームオーバーだったんですよ。それが発覚したのがもっと後というだけ。