父が他界し、相続税の申告をします。母も働いており、父と同じくらい収入がありました。(今も元気です) 孫の貯金が名義預金となる可能性がありますが、二十年くらい前なので、負担者が明確でありません。

税金88閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

どちらかが亡くなった時に、その預金が名義預金として申請することになりますが、半額を申請することを税務署に説明ができないから、全額申請することになるってだけですよね 税理士としては、正しい見解だと思います 親がご健在なら、親に財産目録をそれぞれ作成してもらって、割合を決めてもらっておいてはどうですか? 両人ともが納得して文章として残しているなら、それで税務署に納得してもらうことは可能だと思うのですが、、、 その際に、両親の過去の収入が同程度であったことも併せて記録を残しておけば、なお説得力があります 気になるなら、ここではなくて、税務署に問い合わせてはいかがですか? 親が半分ずつ出し合って、孫名義に預金していたんだけど、半分ずつ名義預金という考えでいいですか?って聞いてみたらいいと思います

0

そりゃ明確でなく 名義預金になるなら 税理士は、一番安全な選択肢をしている 普通かどうか? 普通は誰のカネか明確なはずだから 質問者の質問の状況が普通ではない