Vixen A80mf で惑星の直焦点撮影に挑戦したいです。カメラはオリンパスのE-M5です。バローレンズは何倍のものが適正でしょうか?

補足

A80mf はEQ5 GOTO赤道儀に載せています。

天文、宇宙152閲覧

ベストアンサー

0
画像

この返信は削除されました

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。まず、この組み合わせで拡大撮影してみて、夢中になれそうでしたら惑星カメラなりを導入してみます。

お礼日時:9/25 6:33

その他の回答(4件)

1

ボルタA80mfは眼視設計のアクロマートなので青く滲んで写ります。 明るい星を見て倍率を上げてピントをずらすと色によって焦点距離が違うのが分かるでしょう。 単色光のフィルターを買って各色の焦点距離の違いによる像の大きさをパソコンで補正して合成するスキルはお持ちでしょうか。 それ以前に極望とモータードライブ取り付け可能な赤道儀はお持ちでしょうか。 ボルタ(2)経緯台は日周運動による追尾が出来ませんので短い露出時間しか取れません。 とりあえず撮って見るならそうすれば良いと思いますが、本格的にやるなら赤道儀式望遠鏡で口径の大きな機種を検討されてべきです。

1人がナイス!しています

0

バローレンズ… 焦点距離を伸ばす補正光学系。 焦点距離が伸びると当然ですが像が暗くなりますよ。 お使いの望遠鏡では架台が貧弱なんで高倍率の撮影には不向きですね。 何より経緯台式なんで秒を超える露出にも向きませんよ。 (開店休業中の元天文少年) _(._.)_

0

口径に対して焦点距離が設定されてます。 焦点距離÷口径=f値(口径比)→カメラで言う絞り値。 バローレンズは私の知る限りでは×③までしか見た事ありませんが(笑)? 口径80㍉ならf10で焦点距離は800ミリとなりますから一般的な望遠鏡レンズ800㍉と言う意味合いになり、バローレンズを組み合わせる事で焦点距離が伸びて、それに平行して口径比(暗くなる)が上がって来ます。 被写体のフィルム(感光素子)上の実際のsizeはどれ位になるのか?は分かりませんが…惑星はほんど写らないと思います。 ですから焦点距離を伸ばすよりも、一般的にはコリメートと呼ばれる望遠鏡とカメラ本体との間にアイピース(接眼鏡)を組み合わせた撮影になります。

余談なんですが、私は惑星の直焦点撮影でF30などと言う数字は殆ど聞いたことありません。 まぁ。口径によって集光力が直径の②乗で大きくなって行きますから、例えば口径⑤mクラス以上の望遠鏡なら凄まじいまでの集光力がある為、焦点距離(口径比/F値)を桁外れな値に持っていかなければ眩し過ぎて見えない状況もあるのだろうと思った次第。 大口径の太陽望遠鏡ならとんでもないF値は聞いた事がありますがね〜