当期純利益はどうして貸借対照表の貸方に来るのですか?

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご丁寧にありがとうございます!!!!

お礼日時:9/26 12:59

その他の回答(4件)

1

純資産だからです。 純資産というのは、企業の資産総額から負債総額を差し引いた額のことをいいます。

1人がナイス!しています

2

そりゃ、正解を言えばそれまでだけど、 なぜ疑問に思ったのかを言ってくれなきゃ。

2人がナイス!しています

0

資本主義の観点から考えると 当期純利益は出資者のものだからです ですから資本金に足されるんですね その事業から利益が得られることを見込んで出資します(これが資本金となるわけですね) 出資した人達は 出資したものから 当然利益配当をえる権利があります ですから 利益剰余金は会社のものではあるけれど 会社のものでは無く 出資者のものなんです 従って 出資金(つまり資本金)と同じ扱いがなされています それを 配当として貰うのか? 若しくは 資本準備金として 会社に積み立てして 更にそこから 利益を上澄みして行くのか? は経営を任されている取締役会の決議事項ですし 出資者の同意が必要な事項になります もしも解散となりますと 出資した人達は 出資金+余剰金を返して貰える権利があります 纏めると 資本金と同じ性質のものだから です 1級になったら習います