消防队瞭望塔。位于观象山的望火楼曾是老青岛心中一座难忘的城市坐标。

画像

中国語 | 中国史19閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

谢谢您 助かりました、誠に有難うございます。

お礼日時:9/25 7:21

その他の回答(2件)

0

消防署は塔を見張った。 観象山にある望火楼は、かつて青島の心の中で忘れられない都市座標でした。 しかし、文学史学者によると、実際には、青島時代には、真の望火楼は、現在、消防署の駐留地であるクフイロードのZhejiang道路の南東の角であり、そのプロットは、ドイツのリース期間から消防隊の駐留地であり、高い塔が添付されているが、残念ながら、元の建物はすべて消えました。 1905年、青島パトロール消防隊はドイツからダブルマラセットの蒸気タンカーを購入し、ボイラーは頻繁に燃え尽き、火災時に蒸気駆動ポンプで消火しました。 同じ期間に、人力ドラムも馬車で引っ張られており、消火には4~8人の人員がドラムレバーを押して水をポンプでくみ上げる必要があります。 その後、ドイツからマラハンドシェイクリフトを購入しました

0

消防隊の望楼(火の見櫓)。観象山に位置する望楼は旧青島中心の忘れられないランドマークである。 しかしながら、文学史学者の考証によると、実のところドイツが青島占領時期には、本物の望楼は曲阜路浙江路入口の東南角の、現在の消防隊の駐在地であり、そこはドイツ租借時代も消防隊の駐在地であり、高い塔もあったが、残念なことに元の建築はもうすべて消失した。 1905年、青島巡査局消防隊はドイツから二頭立て馬車の引く蒸気ポンプ車を購入したが、ボイラーは常時焚かれ、火災があった時には蒸気駆動に依るポンプで放水して救難を補助した。そのころ、人力ポンプも馬車で引き、消火時には4~8人でポンプの梃子を押して放水した。その後ドイツから手動昇降梯子馬車を一台購入し、高所消火に用いた。