アーサー王伝説に登場する「黒きこびとたち」や「高貴な人々」とは一体何ですか?

文学、古典 | 小説56閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さんありがとうございます。仰る通りサトクリフの本です。言葉足らずですみません。

お礼日時:9/25 17:59

その他の回答(1件)

0

?? え~と、ご質問のようなケースでは一口に「アーサー王伝説」とだけ述べられても困ってしまうのですが……^^; そもそも「アーサー王伝説」というのは特定の作品名ではなく「アーサー王や円卓の騎士らの伝承を扱った物語群」を指す呼び方でしかないので、「黒き小人たち」「高貴な人々」なる単語が登場する実際の作品名(似たような作品名があって特定しづらい場合があるので、できれば作者名も併せて)を教えていただけないことには確認のしようがありませんよ^^;; 一応、私もアーサー王伝説にはそこそこ詳しいと自負しているのですが、「黒き小人たち」「高貴な人々」という単語は残念ながら全く記憶にありません^^;ゞ

質問内容についての補足がまだのようですが、関連するかもしれない知識をご披露しておくと アーサー王伝説関連で「こびと」と読む単語で「侏儒」とか和訳されているものが存在します。原典の英単語は“dwarf”ですが、おそらくファンタジー種族的な「ドワーフ」のことではなく、「短躯短肢の成人に対する蔑称」のほうかと思われます。 あと、民間伝承に出てくる「良き人々」“good people”という呼び名は(「善人」という意味ではなく)「妖精」のことを指す表現だったりします^^