中世の時代「悪魔の宗教」だったキリスト教は、現在「愛の宗教」に激変しましたが、都合がよくないですか?

宗教 | 世界史134閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

マスターありがとうございました。

お礼日時:9/25 17:52

その他の回答(8件)

0

質問者さん、今は21世紀ですよ。 中世=暗黒時代とする説は既に20世紀に否定されていました。 あなたはいつまで化石みたいな妄想の中で生きているのですか。

1

あはは まったくその通りです。 外部から見れば真実で、信者から見れば耳の痛い話です。 「万物流転」とか「融通無碍」と言ったところでしょうか(^^;)

1人がナイス!しています

1

では現代では何を冒涜すれば処刑されるのでしょうね。 戦前の日本はテンノーでありドイツではヒトラーかな。 法治国家であれば法を冒涜(破る)すれば罰っせられますね。 昔はキリスト教、今は法律という事ではありませんか。 都合よくではなく、権威権力を失ったという事でしょう。

1人がナイス!しています

2

キリスト教は愛の宗教とは言えませんよ。確かにイエスは隣人愛を説いており、それは自分の教えの中で神を信じることと並んで最も大切なものだと述べていますが、聖書全体では隣人愛などさほど目立たない主張ですし、現在のキリスト教の教派も、そんな耳に優しいことだけを言っているのではありません。 宗教を冒涜すれば重い罪に問われるのは、前近代ではごく普通のことです。よく春日大社の鹿を殺したこどもが石子詰めになるという話があります。驚くべきことに、これを無根拠に「作り話である」と主張する人がいますが全くそんなことありません。1561年には、実際に鹿を誤って殺した10歳の少女が奈良町引き回しの上死罪に処せられ、家族は奈良町追放となっています。 日本の皇族も日本にとって神聖な存在ですが、昭和時代になっても、伏見宮にナイフをなげた朝鮮人が、死刑に処せられています。

2人がナイス!しています

0

中世では悪魔の宗教とおっしゃいますが、キリスト教はヨーロッパだけに広まったわけではなく、アジアにも広まりました。それはカトリックとは別物であり、シルクロードを行き来しながら、良い行いをしているので、中世のキリスト教は悪魔の宗教と、ひとくくりにはは言えません。