電線ケーブルについてですが、16AWG定格600v 60℃〜105℃ UL1015と説明文であるのですが、DCに使えるとも記載されてませんが、この定格vは直流、交流、どちらにあたるのでしょうか?

ベストアンサー

0

回答ありがとうございます! 実は何ボルトでも使用できたのですか?! それは私素人にとってはすごい情報です! 高すぎると被覆を破って放電するという事なので、何ボルトまでかは、絶縁素材で決まると言うことですね!その回答のおかげで、質問の品物は問題なく使用可能と言う事ですね! 後22Aまでつかえるのですね! そんなにAは行かないと思うので、クリアーです! 使えると言う回答を教えてもらえましたので、こちらの回答をベストアンサーさせてもらいます!

ThanksImg質問者からのお礼コメント

安心して電線ケーブルを購入できます!ありがとうございますm(_ _)m

お礼日時:9/25 20:06

その他の回答(1件)

0

①電圧区分でいうと交流は実効値で示されているので波高値は実効値の1.4倍ですからピークでいうと交流のほうが高いです。 ②線(導体)の太さは抵抗値なので太い線程抵抗値は少なく、内部発熱が少ないです。つまり絶縁に対して余裕があるという事になります。使用温度領域は絶縁物の材質で決まります。

回答ありがとうございます!なるほどですね!細いより太いほど抵抗値が下がるから温度も上がりにくいと言うことですね! ありがとうございます!使用温度領域は材質で決まる、と考えたこと無かったです!勉強になります!調べて見ると、シリコンとかビニールとかあるみたいですね!ガスケットでも耐熱シリコンとか聞いたことあるので、シリコンの方が耐熱性が良さそうですね!合ってるかわかりませんがm(_ _)m 実は交流の方が高いのですね!ありがとうございます!