娘から「なぜ10÷5=2なの」と聞かれて、「リンゴが10個あって、それを5回切った」という例を出して説明したのですが、納得してもらえませんでした。

補足

皆様回答ありがとうございます。説明がわかりにくく申し訳ありませんでした。 1回の切断でリンゴを半分にした場合、リンゴは2個になりますが、それは厳密に言うと2個ではなく、0.5個と0.5個で、結局は1個である、という意図です。(それを5回行う) 説明不足失礼しました。 

数学 | 小学校18,638閲覧

2人が共感しています

ベストアンサー

19

19人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

すみませんでした。解決しました。 皆様ありがとうございました。

お礼日時:10/3 8:49

その他の回答(29件)

9

わざわざ問題を難しくしてますね 質問者の説明を理解するには分数の計算の理解が必要だと思います 「10個のリンゴを5人に同じ個数ずつ分けたら1人何個になるでしょうか」 何個→□個 □×5=10 この段階では九九は習ってるはずなので、答えは出せるはずです いかがでしょうか?

9人がナイス!しています

0

5回切ってみます 10 = (0.5+0.5)+(0.5+0.5)+(0.5+0.5)+(0.5+0.5)+(0.5+0.5)+1+1+1+1+1 ここから右辺に対称性の2が見えているということ?違うか

16

問題:「10個のリンゴをそれぞれ5等分にしたら全部で何切れになるでしょう。」 回答:10×5=50切れ 説明:「リンゴが10個あって、それを5回切った」 問題:「10個のリンゴを5人で分けると一人何個でしょう。」 回答:10÷5=2個 説明:「10個を5等分して2個ずつ渡した」 質問者さんの説明では問題と回答を想起するのは難しい。

16人がナイス!しています

8

ID非公開

2021/10/2 20:31

おそらく リンゴが10個あって、それを5回切った という説明を受けたら 10個を5回切ったら50個になる または 10個を5回切って2^5倍にしたので320個になる と理解されます. 1回の切断でリンゴを半分にした場合、リンゴは2個になりますが、それは厳密に言うと2個ではなく、0.5個と0.5個で、結局は1個である という説明を受けたら今回の場合にあてはめれば 1回の切断でリンゴを半分にした場合、10個を五回切るのでリンゴは50個になりますが、それは厳密に言うと50個ではなく結局は10個である ->じゃぁ答えの2って何?と返されます. 2の説明が行われていないので疑問は最もです. 素直に人数は5人いるのですから、1人あたりで分ければ良いのになぜ切断しているのでしょうか?

8人がナイス!しています

10

りんご10個で例えるなら、5人で分けたら一人いくつ?にするべきできでは? りんごを切ったものにしたいなら、りんごが10切れあります。5人で分けたら一人何切れ?だし。

10人がナイス!しています