なんで日本は戦争しないのに自衛隊があるのですか?

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(12件)

0

自衛隊は国を守るための組織です。 鉄砲を撃つ以外に、自分や日本国民を守れない時に限って射撃をします。 その時になって、まともに銃も扱えないと困るので訓練をしています。

0

「convertible」さん、「fat」さん、「かにきち」さんらが、おっしゃるように、憲法9条は、「侵略戦争」を、禁じているんですけど、「侵略戦争に対して応戦する事」までは、禁じていません。 ただ、それも「諸説」あります。 未だに、「自衛隊は違憲」って憲法学者の人もいらっしゃるように思います。 ただ、それだと、日本が侵略戦争を、仕掛けられた時、誰が日本の国民の生命財産を守るんだ?って話になるんです。 で、現状は、野党も、侵略戦争に応戦する事は、違憲行為ではない、と言うご意見のように見えるんですけどね。 ただ、野党の言う事ってコロコロ変わるんで、信用できないんですけどね。

0

自宅付近の治安が悪く, 窃盗や強盗がよくあるのであれば, 防犯カメラを付けたり犬を飼ったり 護身用の武器を用意すると思います。 「我が家だけは大丈夫」と考え, 何も対策をしないのは呑気すぎで 普通では考えられません。 自分は人に危害を加えるようなことは絶対にありませんが 自分や家族そして財産を守るために できる限り対策を行いますし, 実際に自分や家族が危害を受けそうなら 無抵抗でいることはありません。 日本の周辺はそれと同じ状況ですから 最低限の対策をしないといけませんし, 国民が危害を受けそうであれば 受けて立たねばなりません。 それは戦争ではなく防衛です。

1

外国軍の侵攻を防ぐためですよ。 ないと外国になめられるからね。

1人がナイス!しています

0

『核心』をついた質問ですね。 ① 何故自衛隊があるのか。 自衛隊の前身は『警察予備隊』と言いました。朝鮮戦争が始まり、米軍が朝鮮半島に行くため、日本国内に『軍隊的』なものがなくなるのを防ぐためです。 この『軍隊的なもの』とは国内の『反政府組織』を政府主導で抑制(抑圧)するものという意味です。警察は『県単位』ですから政府(内閣)は動かしずらいのです。 この『警察予備隊』には旧軍人らが雇われ、失業対策にもなりました。武器等は米軍から借りたようですが、出動に機会はありませんでした。 そのまま、名前が『保安隊』となり『自衛隊』になりました。 米国から『兵器』を買わされ、徐々に軍隊化してきました。 ② 日本国憲法下では政府の行為としての『戦争』は出来ません。しかし、米国は『自衛隊』を米軍の『傭兵』として使いたいとの欲望を持っています。 それが『中東派兵』です。明らかに憲法と矛盾しています。