小学6年生の娘の父です 娘が女子同級生とトラブル起こしたみたいで困ってます 原因はSNSで陰口言われてたのを娘が発見したみたいで 問い詰めたら大喧嘩になり、その後相手の子が周りの子達に

小学校936閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

1人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

豆友 喜心さんありがとうございます アドバイス通り全てスクリーンショットに収めました 今日学校に電話して担任の先生に会ってきました 父子家庭なので自分がなにがなんでも娘を守りたいと思います 感謝致します

その他の回答(4件)

0

まずは、最初の陰口を確認する事からではないですか。 それと、あなた自身子供さんにSNSをすることを許可していたことを、反省する事ではないですか。 SNSやラインなんて、悪口言われるのが当然と思えないのなら、利用しない事です。隠れて悪口言っているのが、ネットを使って悪口に変わったと言う事だけなんですから、それぐらいの覚悟は必要です。

0

侮辱罪(刑法231条)で告訴する。

118さんありがとうございます 皆さんのアドバイスで冷静になれて まだ解決には至ってないものの 今では小学生の内にこういう経験積めていいんじゃないかと プラス思考に考えれるようになりました

0

娘さんは正しい事をしたのに、そんな仕打ちをされて、悔しいですよね… ただ、相手も自分の非を、ストレートに指摘され、娘さんに対して、牽制してるのかとも思います。 SNSの内容はまず確認するべきだと思います。 SNS等で陰口をたたくなと今の子は口を酸っぱくして言われてますが、どんな時代もでも、陰口はありますよ。 女の子なら特に… その内容によっては、娘さんに非はないとはいえ、あまりに直接的に言ってしまい、相手も過剰反応してしまったのかもしれないし… あくまでも、他愛もない会話の中の陰口ならですが… 娘さんは間違ってはいない事を伝え、それでも、相手の気持ちは考えているか、(考えるに値しない悪意の場合は別です。) 正しい事をしているのに、何故周りの子もその陰口を叩いた子に同調するのか? 娘さんがそう感じてしまっているだけで、実は娘さんの味方の子もたくさんいると思うんです。 もう少し、冷静になってから、娘さんの話を聞いてあげてください。

tokoさんありがとうございます SNS内容を確認しました  「これからぼっち生活がんばれよw」とか 親側から見ると怒りが沸いてくる内容ばかりでした おかげさまで冷静になれて向き合えると思います 感謝いたします

1

もし、私自身にそれが起こったことなら、 戦うお父さんよりも、 まずはしっかり慰めてくれるお父さんがいいかな。 傷ついている時に欲しいのは、 正しさとかよりも、 大丈夫だよってそばにいて、抱きしめてくれる人かな。 戦うとその時、対象は「相手」になっているけど、 まずは傷ついている「本人」の驚きを、回復してあげてほしいな。 どうしたの? そうなんだ。 大丈夫だよ。 いつもそばにいるよ。 いつだっておいで、守ってあげるよ 大丈夫だよ。 なんでも言ってごらん。 その上で、 どうしたい? やめて、って言ってみる? お父さんも一緒に行ってもいいよ? どうしたいのか、子供と一緒に考えてほしいな。 生きる力は、そうやって自分で考えることだと思うから。 それを、助けてあげてほしい。 誘導するのではなくて、 あくまで本人主体で、それを助けてあげたら。 解決方法の正解を探るよりも、 子供の成長に寄り添ってくれた良いのかな、と思いました。 お友達とケンカして、 ある面で酷い思いをして、 傷ついているときに、 お父さんに相談したら、 いきりたって、いなくなってしまった。相手を潰しに行った。 というよりも… そうしてほしいのかどうかもわからない。 まずは、ただそばにいて、 安心をあげたらいいと思う。 心配よりも、大丈夫っていうことを伝えてあげてほしい。 それから、本人とよく話し合ってほしいな。 穏便に解決する方法は、 子供自身に考えさせてあげてほしい。 内容が複雑化しているけれど、 デジタルが絡んでも絡まなくても、基本的には同じことだと思う。 デジタル化されたので、タイムラグで悪口を知ることになった。 それについてとがめたら、大喧嘩になって、皆んなから敬遠されて、 学校に行きたくなくなった。 でも、「穏便に済ませたい」のは、本人の意向なのか?それをお子さん自身と話し合いの中で、答えを出していますか? お父さんが、社会経験の中から、「無かったことに、なんとかならないかなぁ?」と思うかもしれないけれど、お子さん自身はどうしたいのだろう? 立ち向かって、やめてよ!って言った。それは幼いやり方だったかもしれないけれど、偉いね、勇気があるね、って認めてあげてほしいな。 そんなことすると、大変になるよって大人の知恵は、子供を萎縮させるのではないかな。 学校なんて、少し休んでみる? とか言って、 どこか景色のいいところに日帰りで小さな旅とか行ってきたら、気持ちも変わるよ!電車でコトコト知らない街や景色をゆっくり見たり。 お子さんは、 正しくないことをされて、 嫌だって言ったら、 自分が酷い目に遭って、 充分、いろんなことを学んでる。 あなたが解決してしまっては、大切な機会を失ってしまう。 親ができることって、 そばにいて助けてあげることや、 いつでも帰ってきたら暖かく迎えるよ、 そういう存在と場所を君は持ってるんだよ、 って全面的に支えるよ、って雰囲気や形や全力で伝えることかと思う。 代わりに戦ってあげることなど不可能だし、不用だと思う。 私自身、そうされて、 親に裏切られたと思ったから。 知らない間に手を回されて、 相手の親に毒づいたり、 別の親に、私がいじめられているから協力して、と要請したり。 それらを、全部私の知らないところでやっていた。 いじめられたわけじゃない。 ケンカと仲直りの方法を知りたかった。 そういう、お高くとまった雰囲気の家庭の空気が、 むしろ敬遠される原因でもあったのではないか、と子供心に思った。 転校生の多い新興住宅地を抱えた学区の中で、 確かに浮いていたのかもしれない。 それが、なんなのか。 今日、缶蹴りしていて、 隠れていたら缶の代わりに蹴飛ばされた、 とか 色鉛筆の箱の上で、飛び跳ねられて割れちゃったの。 と報告したときに、 あらら…と大変だったね^^ そっか、一緒に考えてみようか。 お茶でも飲む? お菓子美味しいのあればよかったけど、無いなぁ… 一緒に買いに行く? とか、 優しくしてほしかった。 相談すると、 突然、「○○のやつ!」とか、 私の友達を呼び捨てにして怒って、 私よりも勝手に走り出してしまうような、 目の前にいても、全然一緒にいる気がしない親だった。 怒ってほしいんじゃ無い。 一緒に考えてほしい。 大人なんだから、いい知恵貸してほしい。 安心させて欲しい。 子供の喧嘩が、長い人生の中で、 そう、大したことではないことや、 学校って結構限られた小さな集団であることや、 そんな広い視野を与えてくれて、 解決の方法は、 任せてほしい。 そう思うな。 相談すれば、怒る。 相手を罵って… それだと本当、絶望。 誰にやられたの?言いなさい! どうされたの?言わなきゃわからないでしょう? 相談しているのに、親からも攻撃される。 戦い方を知りたいわけじゃ無いんだ。 いつの間にか解決されているような不気味さを味わいたいわけでもない。 そばにいて、寄り添って、 そうか、そういうことがあったんだね。ってただ聞いてくれたり。 お父さんやお母さんは、 その場にいないしわからないけど、 あなたならきっと大丈夫。 学校もしばらく休んでもいいし、 行ってもいいし、 どっちを選んでも協力するよ。 とかなのかなぁ。 本人に向き合ってほしいの。 向き合う対象を、事柄の解決にしないでほしい。 そうだと目の前にいても、 お父さんやお母さんは、どっかに行っちゃった感じがするの。 ただ一緒にいて、優しくしてほしいの。 ただそれだけなの。 時が解決するかもしれない。 解決しないままクラス替えかもしれない。 なんでもいいけど、 これを機会に、 あなたは娘さんと、 よく話を聞いてくれる優しいお父さん、ていう関係は構築できると思う。 そういうバックボーンて本当に大切。 それがあると思えば、多少の無茶や、大変なことも、 本人の考える力が育って、 乗り越えられる。 育ててあげるのは、生きる力だと思う。 それを、傍から手を出して奪わないで。 ただそばにいて、安心して、 大きな存在として一緒にいて、 包んで、 そうしたら、その子のタイミングで立ち上がる。 絶対そうなる。 それを信じてあげてほしい。 信じられたら、人って強いよ。 クラスの中で信じられなくても、 家にはしっかり信じてくれる人がいる。 私は大丈夫。 何ができてもできなくても、 何をしてもしなくても、 お父さんとお母さんは、 私を信じるって言ってくれる。 それが、すごくわかる。 背中を支えられてる。 大丈夫。 そう、安心して本人が思えるのを、 待つ。 子育てって、 待つこと多いんじゃないでしょうか。 待てる、ご両親だといいな。 見守れる、最後に支えられる、 けれどさりげなく、 形の方法よりも、 その安心を与えてあげてほしい。 そう、思いました。 いつもさりげなく、 けれど振り向けば笑顔でいてくれる。 それって最強。 ありがとう、お父さん、 て気持ちがする。

1人がナイス!しています

nanさん ありがとうございます nanさんの文章読んでる途中に親身になって書いて貰えてる実感して 優しい感情が乗り移ってきて涙ぐんでしまいました ありがとうございます 感謝いたします