ID非公開

2021/9/28 18:35

44回答

僕の高校の野球部の同級生が「俺中3の頃6.1出たんだけどなぁ」って言っているのに高校3年間一回も6.1秒を超えたのを見てません。しかも、怪我しているから本調子出ないわと言い訳をしてます。ちなみに、彼の高校3年

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/9/28 18:44

ご回答ありがとうございます。 かなり速い方ですね。

その他の回答(3件)

0
ID非公開

2021/9/29 7:21

このタイプの『口だけ星人』はごまんといます。 私の周りにもいます。 自慢だけで、中身が何も伴っていません。 彼の場合も、恐らくは50m走以外のことでも当てにならない言動が多いはず。

0

計測方法が違うんです。 一般的には、スタート合図が鳴ってから走り出すます。 これは複数人が同時に走るのに都合が良いです。 それに対して、野球関係の多くがやっている計測方法がタッチダウンスタートと呼ばれるやり方です。 走者が走り出し、1歩目が接地したのを合図にタイマースタートさせます。 もしくは、本人が時計を持って走り出しと同時にタイマースタートさせます。 この計測だと、陸上競技で言われるリアクションタイムがありません。それどころかリアクションタイムはマイナスになります。動き出してからタイマースタートさせてるのですから。 さらにタイマースタート時には既に初速が付いてますから、0発進加速よりも有利です。 さらにさらに、1本目の接地をタイマースタートの合図にすれば、1歩目で30㎝~50㎝は踏み出しますから、49.5m~49.7m走になります。50m走と言いながら、50mより短い距離の計測ですからね……。 検証の結果、0.5秒~0.7ほど速いタイムが出る事もあるそうです。 もう1つは、計測精度の差。 陸上競技で手動計測のルールは雷管からの閃光を目視確認でタイマースタートです。 閃光が見えなかったら煙です。 それを知らない人は、音を聞いてからタイマースタートさせます。 音が50m先に届くには0.147秒後です。 音でタイマースタートさせるだけで約0.15秒の差が出ます。 フィニッシュ判定も、正解にしようとするほど、早く止めてしまう。検証によるど0.05秒~0.1秒。 つまり、素人が計測すると約0.2秒からそれ以上の速い方への誤差になる。 実際に0.5秒以上もの誤差を連発する人もいますから。

0

50メートルの話ですか? 本当だとしたら結構速い方です 地区の陸上大会で上位に食い込めるレベル 県陸上だとどうかな、入賞くらいで止まりそう あ、100メートルに置き換えた話です

この返信は削除されました