ID非公開

2021/10/1 16:25

22回答

いつもお世話になっております。現在、シュートが3mくらいで支柱で直立にしている春に大苗で迎えたピエールドゥロンサールを10号鉢植えで育てています。

バラ | 園芸、ガーデニング133閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/10/6 19:22

ご回答ありがとうございます。 確かに、枝の4分の1から上くらいから軒下を超えて雨風に当たっているので、おっしゃることが思い当たります。 ベランダですが、フェンスのみなので風とうしは良いのですが、余程の雨じゃない限り株全体が濡れることはありません。しかし、黒星病が突然発生した数日前に台風がありました。届くとこまで不織布で枝を被ったのですが、先の方は出ていました。納得です。 その後、広がりはないですし、今は枝を真っ直ぐ折れないように大事にしたいと思います。 冬の植え替え誘引になると軒下の壁面に誘引できるので手が届くようになると思うので楽しみです。折らないように気をつけたいと思います。 フェンスのみのベランダとはいえ、壁面誘引となると風通しも気をつけなければなりませんね。 初めてのことばかりで色々とわからないことばかりですが、来春の花を楽しみに、育てていこうと思います。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

御二方、ご丁寧なご回答ありがとうございました。今回もとても勉強になりました。そしてバラを楽しむ気持ちがどんどん増しています。 ベストアンサーがおひとりしか選べないのがつらいですが、今回はこちらの方へ。 ありがとうございました。

お礼日時:10/8 7:46

その他の回答(1件)

1

バラの病気や虫食いを全部排除することは難しいです。 秋ですからこれから落葉します。 虫もすでに蛹になる時期です。 個人的には薬剤をあまり使わずに育てていますから、別段問題はないと思うのですが。 株を甘やかさず丈夫に育てる方針。 黒星病はどこから、と言われると、さてどこから始まっているのか、いたのか。 バラにはつきものの病気なので普段あまり気にしていないので分かりません。 なる時はなりますからね。 次の年には出ないこともありますし。 地植えではほとんど罹患しません。 鉢植えバラが罹患しやすいことは確かです。 黒星病で枯れたことは無いので、気にしたことがありません。 丈夫な植物ですから全落葉して秋に棒の先に花、状態でも強剪定と植替えで毎年咲いています。 よく観察されて育てておられる。 ご自分の判断で良いと思いますよ。 ちなみに自分は葉を無理やり落とすとかした事はないです。 早春の新芽が開くときだけ殺菌剤撒いています。 まぁ、効果は1か月も持ちませんが。気休め。 春先はそのくらいしかできる作業が無いので。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/10/2 21:06

ご回答ありがとうございます。 これがこれからという時期でしたら、初心者の私はかなり焦ってしまっていたと思いますけど、これから落葉で冬の誘引になるから大丈夫かな…と思っていたので安心しました。 初心者故に春の大苗から開花後、梅雨に入る頃までは数回ハンドスプレータイプの消毒をしていたのですが、長雨でタイミングがわからなくなり、そのうち猛暑になり、で、どんどん伸びていく枝に支柱を立てる事ばかりに気を取られ、しまいには消毒も全くしていませんでした。特に目立った異変もなかったのと、これから初めてのしっかりした冬の植え替えに緊張しながらも楽しみにしています。