ID非公開

2021/10/3 20:55

88回答

河野さんが脱原発と書いた色紙と一緒に写真を撮っている画像が時々批判されているのを見ますが、何故ですか? 日本は災害が多い国なので原発は向いてないと聞いたことがあります。なのに原発に賛成の人がいるのはで

ベストアンサー

4

4人がナイス!しています

その他の回答(7件)

1

高市氏が言ってなかったっけ? これから近未来、莫大な量の電気を使うことになるはずだから、原発でないと無理だって言ったよね。それとウラン、プラトニュームは必要ないから、それを取り除いた核融合で爆発は起きないと。 太陽光は無理だと思うよ。リスクばかりでまるっきり足りないんじゃない?

1人がナイス!しています

小型モジュール炉の地下立地。それと核融合炉。核融合炉はウラン、プルトニウムが必要ないし、高レベル放射性廃棄物が出ないらしく、これを国産でつくるつもりだといっている。 他では今後、電力足らなすぎじゃないか。

3

どんな批判内容だったのか興味があるけど、こないだの総裁選の時にテレビの生出演中に杉村たいぞうの河野さんって脱原発じゃなかったんですか?と聞かれ、今まで脱原発なんて一言も言ったことはない!と答え、ビックリしたけど、だから批判されたのかしら? 河野太郎は、旧い原発も60年まで寿命延長させて再稼働って言ってたし、それって一番危険な状況に陥らせるわ。 原発推進に完全に舵を切りなおしたみたい。 自爆発言だったわね。 脱原発の人もビックリ!!

3人がナイス!しています

3

脱原発が現実的に不可能だからです。 単純計算された試算ですが10年後に電力は30倍必要。将来的には更に増えていくという研究結果があります。 その必要エネルギーを再生エネルギー・自然エネルギーで賄えませんし、火力発電に必要な石油石炭などの原料は他国に依存している為、安定的な供給や価格を維持することも出来ません。 現在は石炭価格が例年の4倍まで上がり火力は発電すればするほど赤字です。最近また電力の値上げがアナウンスされた所です。 中国でも現在電力危機に直面しており工場や住宅だけでなく、一部道路の信号機までSTOPしています。もし電力が足りなければ会社や工場が動かないので経済的損が出て、必要な物資や食料が滞る可能性もあります。また冬場の暖房・夏場の冷房を使用できず国民が凍死や熱中症で亡くなります。 日本は島国なので、電力が足りなければ近隣諸国から電力を購入することも出来ません。たまに「欧州などで脱原発をやっているのに日本が遅れている!」など指摘がなされますが陸続きであれば最悪他国からの電力購入は可能でしょう。日本の電力不足は経済や国民の命に直結するので脱原発などまず不可能です。 日本で脱原発という現実的に不可能なことを政治家が掲げ、本当に進めていけば日本が破壊されるからです。

3人がナイス!しています

大切な事が抜けていたので追加します。 火力・原子力・自然再生エネルギーが主な電力供給網です。 ここに近年、環境の為に脱炭素(カーボンニュートラル:CN)という世界的な潮流も加わり、火力発電(特に火力の中で石炭)は環境に良くないとして削減していく風潮が出てきました。 ・自然再生エネルギーの現在の技術では電力の安定供給は不可能。更に太陽光パネルは中国の独壇場でウィグル人奴隷を用いている。 ・火力発電の原料は他国に依存している為供給に不安定な面があり、現在価格が高騰し火力発電は動かせば赤字状態、更に環境への配慮から世界的に削減方向。 となれば原子力発電が残された現実的な方法になります。 河野氏は、流出した官僚への暴言パワハラ発言や「脱原発色紙」を見ても反原発でしょうが、総裁選では流石に「現存する原発を動かすのが現実的」としています。 安定的な電力供給が原発なしに不可能だからです。

4

▲原発は電気をつくる以前に、処理もできない放射性廃棄物を出し、事故れば土地を失い、原発難民を生む懸念等々、リスクに満ち溢れた設備です。それ故にその代償をして膨大な交付金、寄付金、協力金等が"原発マネー"としてばらまかれ、それは回り回って、政治家の懐も潤す“美味しい”設備となりました。自民党内では約60名がこの還流を喜びとする“原子力村”を形成しています。こんな村の前で、河野さんが脱原発と書いた色紙と一緒に写真など撮ればたちまち批判されることでしょう。こんな矛盾の多い原発ですが、発電という仕事に従事している人々も多く、賛成する人々もいるのです。 ▲一方では日本の原発は猛烈に無駄の多いものです。例えば、日本の原発政策の要である(核燃料サイクルの総本山)六ヶ所村再処理施設は毎年約5000億の費用(約30年間に約15兆円)を浪費して、25回も完成延期して、完成の見通しはありません。日本原電の東海第二や敦賀原発では毎年2000億円の支援を受けていますが、稼働の見通しはありません。待機中の原発はその維持のために毎年一基につき¥400~¥500億円の費用をかけています。岸田新内閣では原発政策は現状維持のようですが、浪費の垂れ流し政策です。こんな状況が続くはずはありません。 ▲今、再エネ発電が発展してきました。各地での太陽光の活躍は目覚ましく、原発などを圧倒しています。毎日の新聞でも、次々と水素ガス開発のニュースが流れ、読む時間がない程です。 反原発派にとっては、今しばらくは「撃ち方止めろ」で静観の余裕がでてきました。

4人がナイス!しています

4

<< 日本は災害が多い国なので原発は向いてないと聞いたことがあります。>>・・・・・その通りです。地震、津波、火山の爆発など、日本は自然災害の多い国です。原発は日本には向いていません。 原発はやめるべきだと、私は思っています。 しかし、『原発』で不当な利益を得ている人たちがいるのです。政治家だけでも50人以上いると言われています。多額の『政治献金』が得られるのです。

4人がナイス!しています