中学受験の算数です。 親が答えられず…困っています。 わかる方いましたら、教えてください。 よろしくお願いします。

画像

中学受験 | 算数718閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

2人が共感しています

ベストアンサー

4
画像

4人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

わかりやすく教えていただき ありがとうございます。 娘に見せたところ、 こちらの方の解説でわかった、 とのことでした。 急いでいたのでとても助かりました。 ありがとうございました♪

お礼日時:10/6 13:27

その他の回答(3件)

1

まず、Aは5か6(可能性として4と7もあるけどこれらが違うことはすぐにわかる)。 最も小さい数ということで、Aが5のときから順になりたつ数をさがす。 ABC + AB + BC + CA = 777 という式をよく見ると、Aは百の位、十の位、一の位にそれぞれ1つずつ出てくるので、Aが5のときこの式のAの部分を全部足すと555。なのでA以外は BC + B + BC + C0 = 777 - 555 = 222 この式は、Bは百の位で2回、一の位で1回出てきて、Cは百の位で1回、一の位で2回出てくる。なので B×21 + C×12 = 222 になるBとCをさがす。 まず、一の位を考えてBは偶数。 Cが9のとき、C×12 = 9×12 = 108、222 - 108 = 104 なので Bは5以上。ただし偶数だから6か8。 Bが6の時 6×21 = 126、222 - 126 = 96 このとき 96 ÷ 12 = 8 だからCは8。 つまりABCが568のときなりたつので、これが最も小さい数。 まちがえてたらごめんなさい。

1人がナイス!しています

3

回答としては2番目の方の言う通りですね。説明もわかりやすく カンペキです。私も同じやり方で同じようになりました。 ただ、この問題は数に関する問題の中でもそれなりに難しい。 これを失礼ながら素人の保護者が教えようとしたらまず崩壊します。 学年がわかりませんが、5-6年生くらいになったら基本的には 問題を教えることはやめた方がいいです。中学受験指導はその分野 に特化したプロでないと難しいのです。

3人がナイス!しています