回答受付が終了しました

『シャトル』って結局何でしょう?

飛行機、空港 | 日本語236閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

回答(7件)

2

行って帰る、往復、ピストン輸送。 かつてのスペースシャトルも、 地上と衛星軌道上の往復(何度も)を目的に開発されたことからの命名です。

2人がナイス!しています

1

>乗合タクシーまでそれを名乗るのは違和感がありますし(緯糸がクネクネ曲がった織物なんて欲しくありません 質問者さんが知識があるからのことで、いささかマウント行為になりかねないですよ。 だって、世間の人は織機の杼だなんて知らないし、そもそも、現代の日本人で織機の仕組みを理解してるなんて希でしょう。 さて、本旨ですが、MKスカイゲートシャトルのサイトを見ると、ちゃんと空港とある地域を往復する形態で(コロナで片方は休止してますけど)、運用している乗り合いタクシーですから、正に敷衍して俗用される「シャトル」の概念の通りに見えますが・・・・ さて「ヤサカ空港シャトル」を見てみましょう。 ちょいと判りにくいですが、予約システムを見ると空港発も着もどちらも運用しており、むろんこれもシャトルの概念どおりす。 (まさか質問者さんは、スペースシャトルは常に同じところからローンチされ、その発射点へ着陸するとして計画・設計されたと思い混んでおられるんじゃないですよね?)

1人がナイス!しています

ありがとうございます。 ひけらかしではなく、わたくしも疑問に感じて先ずはシャトルの原義を調べた次第で、他意はありません。質問する前に先ず知らないことを紐解いてみて、それを踏まえて質問することもマウントとでもおっしゃるのでしょうか。些か心外ですが(笑) それはさておき、タクシーの場合が一番納得のいかない用法と感じています。空港はとにかく、京都や神戸は乗り合わせた客の希望地を巡るみたいで…。 しかし、スペースシャトルは確かにわたくしの今回の疑問の外にありました。ご指摘ありがとうございます。

3

関空で8年働いてました 定義は知りませんがシャトルって目的地と関空をドアトゥドアで結んでる直行便って感じがします 電車なら京都行きでも大阪にとまります、そう言うんじゃない関空神戸間の船は途中ストップもなくて、時間が短いイメージ

3人がナイス!しています

3

シャトルの原意は、「織機の杼(ひ)」 杼が、縦糸の間を、行き来する様から、往復便とか往還便って意味がついた。 要は、定期的に、同一区間を往復する便のこと。

3人がナイス!しています