回答受付が終了しました

ヴェポラップの香りの部屋にしてみたい。

回答(4件)

4

ヴェポラップの主成分はdl-カンフルで、血行を改善したり、炎症を鎮めたりする作用があります。 あとはメントールも入っていて、こちらも炎症を鎮める効果があります。 ヴェポラップはこの2つの成分で鼻腔の鬱血や気管の収縮を改善する感じなのでしょうね。 ちなみに、精油も入ってはいますが、スーッとするのは精油ではなくメントールかと。 メントールは精油ではなく、アルコールの一種です。 一応、ヴェポラップに入っている精油は、テレビン油、ユーカリ油、ニクズク油、杉葉油らしいです。 ヴェポラップには含まれていませんが、メントールが比較的多く含まれる精油はペパーミントオイルです。 もちろん、ペパーミント油にも鼻詰まりを改善する効果は期待できます。 ただ、精油はうまく使うと効果を発揮してくれますが、うまく使わないとその効果がマイナスになる事もあります。 ペパーミントはリフレッシュややる気アップに良いオイルですが、リラックスには向いていません。使う部屋や時間はよく考えた方がいいです。 また、ペパーミントは肌への刺激が強い精油なので、小さいお子さんには塗って使わない方がいいです。 あとは、これ1番大切かもですが、お子さんが起きてる時にヴェポラップの香りを嫌がるなら、そんな香りの部屋にはしない方がいいんじゃないですか? ストレスにしかならないと思いますよ。

4人がナイス!しています

1

お湯を注いだコップに、ヴェポラップを一匙垂らすと、湯気とともにたちまちスーッとした匂いが上がり、咳や喉の痛みを和らげてくれます。 咳き込む子供の口元に、このヴェポラップの湯気を当てると、効果大です。 しばらくそのまま枕元に放置しておけば、気分的に落ち着くと思います。

1人がナイス!しています

0

あまり詳しい方ではありませんが、あなたの質問を機に情報をチェックさせてもらったところ、アロマは「精油」で抗炎症剤や消毒薬、去痰薬として利用されるケースもあります。