日本人は何故宗教の話をすると嫌がる人が多いのでしょうか?

その他の回答(15件)

0

自分の信じてる宗教について熱く語るのか、宗教概念そのものについて話題にするのか、その話し方にもよると思いますが、後者の場合で嫌がるのだとしたらそれは教養がないからでしょう。 もう一つの理由としては、そもそも日本人は、自分と違う思想の人と意見をぶつけ合いながら会話を発展させる、というコミュニケーションスタイルを好まないからです。これは欧米人がよくやる会話スタイルでもあります。 私なんか無宗教、無神論者ですが(とはいえオカルトは別腹なのですがここでは置いときます)、熱心なクリスチャンのイギリス人とキリスト教や仏教の話をしたりします。 私はキリスト教そのもの仏教そのものは信じていないけど、哲学の延長のようなものとしてつまりある種の学問形態としては興味があるので苦なくその宗教の信者とも会話できるのです。 彼は仮にも日本人の私に対してブッダ批判をしたりしますが、私も私でそれは違うよと言ったり質問返ししたりします。 でもそれで空気が微妙になる事はありません。 むしろ、こっちは特定の宗教を信じていないからこそ、傷ついたりイラついたりする事もなく宗教を信じてる人と議論できるから「得」なのです。 しかし多くの日本人は宗教の二文字を聞いただけでなんか不気味で頭おかしいものという認識の壁でシャットアウトします。 無論そういうカルト宗教も一部ありますが、宗教は本来もっと大きい意味合いを持つものです。宗教が歴史を作ったといっても過言ではありませんし、世界遺産の大半は宗教由来のものでしょう。 宗教を知る事で他の分野のこと・他の文化の人のことも連鎖的に知る事ができるのですが、日本では周りに宗教を信じている人がいる環境がなかなか生まれないゆえ、知る必要にさえ迫られないから未だ「宗教」への「恐怖」が拭えないというのが現状でしょう。

0

自分の価値観を普遍的なものと思い、 かつ、世界にそれを広めなければ世界は良くならない、 という考えだから、 他人の考え方や生き方を変えてやろうとするのです。 だから嫌われるのです。

2

自分で物事を考える能力が低いので、話を聞くだけでも、オウム真理教や統一協会のように「(すぐに)マインド・コントロールされる」と思っているから。 まぁ、実際、日本人は物事を考える能力が低いので、マインド・コントロールされやすいのだけれど・・・(すでに「宗教の話をすると危険」という世間の言葉にマインド・コントロールされている)。

2人がナイス!しています

1

意味わからん神とか変なの言ってくるから

1人がナイス!しています