ID非公開

2021/10/10 15:58

1212回答

なぜ何100トンもある鉄の塊である、大きな船や空母が海に浮く事できるのですか?

物理学 | 工学918閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

ベストアンサー

3
画像

3人がナイス!しています

その他の回答(11件)

2

おんなじ体積の水よりは軽いからです。 鉄で作っても中身が空気で、同じ体積の水より軽ければ浮きます。 ガス気球や飛行船もそうです。 一つ一つの部品は重いけど、同じ体積の空気よりも軽いので浮くわけです。

2人がナイス!しています

1

水面下の大部分が空気で、 水面下の重量÷水面下部分の体積 の値が同じ体積の海水の比重(約1.02)より小さいからです。

1人がナイス!しています

1

自力で浮くことが出来るようにちゃんと計算されてるからです。 その上でバラスト水でバランスをとって転覆しないようにもしています。 なのでやろうと思えば、こういう事だってできちゃう。 https://www.youtube.com/watch?v=z6BryC3wXAI

1人がナイス!しています

2

そんなに軽い空母は見たことありません。 海自の「ひゅうが」は日本では「護衛艦」に分類してますが、グローバルスタンダードでは「軽空母」でしょう。 つまり「空母」のなかでは小型のものですが、基準排水量 13,950トンです。 ていうか、F-14・・・は退役しちゃったようなので、F-18にしますか。 https://ja.wikipedia.org/wiki/F/A-18_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F) 燃料積んで、ミサイルとか適当に積んだら1機あたり 20tくらいになります。 空母に5機積んだら航空機だけで 100tになっちゃいますよ。 舟は「浮力」によって水に浮きます。 「浮力」は、船が存在することによって押しのけた(と考えられる)水の重さと同じだけの浮力が発生します。 100tの物体は、 100tの水を押しのけることができる構造・形状に作れば水に浮くことができます。

2人がナイス!しています