山歩きがすきなのですが、ただ歩いていても物足りないので樹木観察をはじめたいとおもっています。といってもまったく知識ゼロです。

植物 | 登山84閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。

お礼日時:10/17 16:50

その他の回答(5件)

0

まだまだ初心者ですが、林将之著「葉で見わける樹木」で勉強しました(しています)。自分の場合は樹木から入って、草本というかんじですね。 樹皮は難しい。同じ著者が「樹皮ハンドブック」も書いてるけど、そこにもあるように古い木になると全然変わってしまったりするので。もちろん、樹皮も参考にはします。

0

樹木の見分けは、まず「木肌」と「枝ぶり」と「繁り方」です。 そして、高度によって生える種類が違いますので、その知識を得ます。 「葉」を見るのは、その後ですね。 「葉」は形状だけでなく、枝からの生え方や季節の色変化、花や実などでも 細かい見分けができます。 カラーの樹木図鑑を1冊購入してみてください。必ず巻末に「見分け方」がついていますので、そのように学習しましょう。

2

葉の大きさ、脈、鋸歯、葉柄、常緑(てかりの程度)、落葉、つきかた、毛、とか総合的です。

2人がナイス!しています

0

鳥でも花でもキノコでも当然最初は皆そんな感じでしょう。 山に行った時に見た樹を調べて分からなければネットで質問して、などなど繰り返してるうちにわかる木が増えてくると思います。 植物園や自然観察路など樹木に木の名前のプレートがついてるところもあるので、そういうところだと効率的に経験を積めますね。

2

ID非公開

2021/10/10 20:42

樹木観察よりも、植物観察の方が簡単で楽しめると思います。 その山を登らないと見れない植物は結構多くいます。 また、登山者の中で、植物マニアが一定数いるので、情報も多いです。 普通に山歩きするよりも、プラスアルファがあると格段に楽しみが広がりますね。天気が曇りで、景色がない登山でも、植物の楽しみがまだ残っているので、残念な天気でもあまり気にならなくなります。 山にどんな植物がいるのか気になったら、以下の植物図鑑が参考になるかもしれません。 https://trippers.info/botany

2人がナイス!しています