回答受付が終了しました

必ず守らなければいけない規則として定められているのが「ルール」です。

回答(14件)

0

>必ず守らなければいけない規則として定められているのが「ルール」です。 >「 マナー」とは、守ることでお互いが気持ちよく過ごすための心遣いです。 上記が前提なら 〇〇禁止はルールです。(公園の管理者が決めたことなので) 使う側は指示に従うのは当然。 守っている人は少ないでしょうが・・・。

0

マナーとは他人に迷惑を掛けないような行動をすることであり お互いが迷惑にならないようにするためにあるのがルールだと思っています。 「〇〇禁止」はルールでもマナーでもなく公園管理者側からの一方的は規制です。

どうも皆さんはルールは絶対。 マナーは努力義務。といった感じですね。 私は目的によって明確に分けています。 マナーは人と人がぶつからないようにするためのものです。 ルールはそのマナーを維持するためです。 つまりマナーが守られていればルールは守る意味はありません。 逆に人と人がトラブルになるようなルールは守ってはいけないと言えます。

0

公園の管理者が明確に定めたものなので、ルールと呼ぶべきでしょう。 個人的な考えですが、目的や強制力はあくまで程度問題であり、ルールとマナーの本質的な違いでは無いと思います。 私は「運営主体が明確に定めたもの」がルール、「皆がなんとなく決めたもの」がマナーだと考えています。簡単に言えば、問い合わせ先が有るか無いかですね。 運営主体が明確だからこそ、ルールはより強い強制力を持つことが出来るんだと思います。

0

「マナー」というのはお互いが気持ちよく過ごすために存在するものなので守るものではありません。心がけるものです。 「○○禁止」というのは「○○していはいけない」という一定の決まりが存在するのでルールです。これがマナーであるなら「○○はご遠慮ください」書かれていなければおかしいです。 例を出すなら「「ポイ捨て禁止」=これはルールです。「ゴミは持ち帰りましょう」=これはマナーです。 ルールは人の行動を制限、禁止するためのもの。マナーは相手に○○するように協力や努力をお願いするものです。