回答(7件)

0

デジタルへの流れとCDの短命とオーディオの人気低下で 音楽業界とオーディオ業界が不況になった。

0

回路設計。 今はCADで指定すれば最適なパターンを自動判断してくれる。 ただ高周波になると分布容量とかパターンでインダクタンスをつけるので難しい。

0

試聴会じゃねーの。 その代わり、ネットでは桜が 雑誌やネットのコラムでは評論家が提灯記事を書いて出来の悪い製品を持て囃す 製品レビューは悪口しか参考にならないこのご時世 キチンと手入れしてあれば物量投資されている昔の機材の方が今でも一級品というのもザラだよ。

0

昔は町の電気屋さんの何処でもオーディオを扱っていたけど いまや電気店もなくなりオーディオ販売部署もなくなった とうちゃん(社長)かあちゃん(常務)電気屋さんが オーディオやっていましたからね 土曜日夕方はお客を集めてオーディオ新製品の発表会 メーカーからの専売員とか応援ですわね 熱気が、あったものです 誰でも欲しかったコンポーネントステレオ 電気屋さんの二階がオーディオルームでしたよ 店名がオーディオXXXXとかいう電気屋さんが多かった訳です それまでXXXX電気だったのに...

昔は土曜日は休日でなかったよ 1970~80年中頃までかな... 土曜日は仕事でしたね みんな働いたんですよ あの頃の熱気は無いですね 今となっては...

0

大量生産→大量販売 を目指したメーカーは大幅な縮小を余儀なくされました。 ガレージメーカーと言われるメーカーは理念が違うので継続しています。 私の買い物も以前からガレージメーカーの機器が中心です。