回答受付が終了しました

ID非公開

2021/10/12 21:04

33回答

第二次世界大戦中に実用化された爆撃機の中で、航続距離や爆弾搭載量がB-29に次ぐ性能だったのはどの機体ですか?

歴史 | ミリタリー90閲覧

回答(3件)

0

爆弾搭載量ならランカスターが最強。 大型の爆弾倉だったので10トン爆弾のグランドスラムも搭載可能でした。

1

恐らく米国のコンソリデ―テッドB-32だと思います。 全長、全幅はB-29より一回り小さく自重も軽いですが、航続距離は6千km強、爆弾搭載量は最大9tとB-29と同等です。 と言うより、B-32はB-29の開発が失敗した際の保険機でしたから同じで当然です。 ただ、B-32は技術的な問題で与圧室を中止した為高々度作戦行動が困難、銃塔も手動でB-29に比べ大きく劣る為、約110機の生産に留まりました。 実戦も、長崎の原爆投下時に随行したのと、終戦直後に偵察飛行を行った程度で、戦果はないようです。

1人がナイス!しています

0

性能的に及ばないけど英国のアブロランカスターや、合衆国のB17フライングフォートレス。